考える余裕もなく、

どんどん進んでいく人生…

もっと自分の人生について

きちんと考えたい!

 

 

 

それは、僕が子どもから大人になっていく

中で感じていた願いでした。

 

僕が生まれ育ったのは、三重県熊野市。

 

人口2万人以下の田舎の、

さらに山奥の神川町というところです。

 

同級生がいない「学年一人」の環境は、

首都圏といわず地方都市と比べても

圧倒的に足りないものだらけでした。

 

 

 

競い合える仲間やライバルもいなければ、

経験値を高める習い事や体験もありません。

 

時代はインターネットが広がり始めた

グローバル社会、

 

こんな田舎で育った自分が大人になって、

社会でうまくやっていけるのか? 

そんな自分が今のうちにやるべきことで

考えられたのは、「勉強」だけでした。

 

 

 

しかし、実際に大人になっていく中で、

「勉強」が役に立つと思えた瞬間は、

ほとんどありませんでした。

 

高校や大学での人付き合いは、

遊びやオシャレのセンスが評価されます。

実社会に近いアルバイトでも、

勉強の成績が良いことと、

仕事や人付き合いがうまいことは、

あまり関係ありませんでした。

 

 

人付き合い、マナー、スキル…

 

大人に近づけば近づくほど、 

「やっておいた方がこと」が増えて、

頭がいっぱいになっていきました。

 

このまま今までと同じように過ごしていて、

自分は本当に幸せになれるのか?

 

まわりの人に合わせて生きていて、

自分は本当に幸せなのか?

 

疑問を感じながらも、

日々はどんどん過ぎていきました。

 

 

教育に興味があったため、

僕は中学校の先生になりました。

 

でも、自分が「勉強」をがんばって

報われた思えていないのに、

 

「将来のために勉強をがんばれ」と

生徒には言えません。

 

自分は何を教えればいいのか、

生徒は何を学べばいいのか、

わからなくなって僕は深く悩みました。

 

 

生徒の人生がうまくいくには、

どんな教育があればいいのか。

自分の人生もうまくいくには、

どんな生き方をすればいいのか。

 

僕は必死で考えました。 

 

「みんながそうしているから」

という理由だけで先へ進んでも、

きっと満足のいく人生にはなりません。

 

 

答えはわからなくとも、

まずはきちんと「自分」の頭で考えたい。

 

不安と忙しさで追われる毎日でしたが、

僕は勇気を出して立ち止まることにしました。

 

人生がうまくいくために大事なことは何か?

人生がうまくいっている人はどんな人か?

 

いろんな人と話したり、

いろんな本を読んだりしながら、

僕は「自分の人生」について

少しずつ考えを深めていきました。

 

 

自分の考えや想い、

世間の常識や慣習、

本や人から得られる知恵、

 

いろんな考えに触れることで、

少しずつ大事なことが見えてきました。

 

それは、まわりに流されて生きていたら

絶対に見えてこないことでした。

 

 

幸せを決めるのは年収や成績ではなく、

「自分」を深く理解できているかどうか。

 

人生の勉強は「何を学ぶか」よりも、

「誰に学ぶか」の方が重要だということ。

 

才能や境遇は一人一人違うから、

人生は誰にも「教えられない」ということ。

 

そして、

 

これらのことをきちんと知るには、

勇気を出して立ち止まって、

「自分で考える必要がある」ということ。

 

 

 

だから、

「考えるための環境や技術」こそ、

これからの時代に大切だと思って、

 

僕は「勉強を教えない塾」を始めました。

 

正解を教えてもらうための場所ではなく、

自分で考えて自分だけの答えを出す場所。

 

それがこれからの時代に必要な

教育や勉強のあり方だと考えました。

 

 

すぐに答えが出せなくてもいい。

 

「考える時間」さえつくれば、

少しずつ見えてくるものがある。

 

だからまずは、

忙しさや不安に流されずに、

立ち止まって考えること。

 

考えていることを整理したり、

これからの人生を描いたり、

考えを人と話し合ったり、

 

考えることを楽しめる環境をつくろう!

本当に人生の役に立つ勉強をつくろう!

 

子どもも大人も、

勉強や仕事をがんばる合間に、

好きなことを「考える時間」を。

 

「勉強を教えない塾」の歴史は、

こうして始まりました。


 

詳しいエピソードは、

じゅくちょうの書籍、

 

『学年一人からの挑戦

 −そして、僕は社長になった−』

 

をご覧ください。

 

(クリックするとAmazonに移動します)


【 創業者プロフィール 】

 

福田幸志郎(じゅくちょう)

 

・株式会社福幸塾 代表取締役

 

・勉強を教えない塾 じゅくちょう

 

三重県熊野市出身

 

・神戸市外国語大学英米学科卒

 

・2008~2017 京都府亀岡市

 

・2017~ 大阪府高槻市

 

 

(経験・実績)

 

・勉強を教えない塾(9年、受講約500名)

 

・英語教師(6年)※アルバイト含む

 

・大道芸(11年、出演約300カ所)

 

・京都府子どもの居場所づくり事業(3年)

 

・講演&研修講師(6年、25カ所)

 

・著書『学年1人からの挑戦 -そして、僕は社長になった- 』

 

(クリックするとamazonページへ)