アドバイスやヒントを得るイメージ

福幸塾について

「勉強を教えない塾」って書いてあるけど、じゃあ一体何をやっているんだ?と気になりますよね。ここでは、「福幸塾」とはどんな塾か、その創業にまつわる裏話についてお伝えします。

福幸塾はこんな塾

「考えたいことがありすぎる」「身近な人とは話が合わない」「もっと視野を広げたい」と思うことはありますよね。 アドバイスがほしいわけじゃないけど、考えを深められるような話はしたい……そんな時に役立つのが、「勉強を教えない塾」福幸塾です。 ここでは、福幸塾が大切にしている、「考えを深めたり広げたりするための3つのポイント」をお伝えします。

まず、1つめは「1ヶ月の振り返り」を中心に、セッション(授業)を開催しています。 「今月は、どんな1ヶ月でしたか?」 改めて自分の行動や出来事を振り返ってみると、良かったこともイマイチだったことも、「考えるヒント」になります。 行動を振り返ることは、自分のパターンや変化に気付くことでもあります。新しい知識や情報で頭の中をパンクさせないためにも、まずは「考えを整理する」という習慣を身につけています。

2つめは、「表現(アウトプット)」です。 人は、話したり紙に書き出したりすることで、自分の考えに気付きやすくなります。一人で考えるより、お茶会や飲み会で話す方がアイデアが出やすいのはそのためです。 書く、話すといったスキルは、自分の考えを人に伝えるために不可欠なスキルなので継続的に身につけられるでしょう。

3つめは、「フィードバック」です。 ただの計画や文章作成なら一人でもできます。しかし、「視点を変えること、発想を広げること」を重視するなら、他者の意見・客観的な視点が必要です。自分の考えに対して、他の人から質問や意見があることで、考えはさらに深めやすくなります。 この時に大切なのは、否定や批判にならないこと。「ここでは本音を話しても大丈夫」「ここで出た話はここだけで終わらせる」といったルールがあるからこそ、人からのフィードバックも楽しめます。

このように、考えを深めたり広げたりしていくことで、「あなただけの視点」が見えてきます。 日々の行動を振り返り、自分の考えを表現し、人と対話を重ねていく……その中で、あなたが「これだ!」と思えるアイデアやビジョンを見つけていく。それはまさに「あなただけの人生の物語」と言えるかもしれません。 これが、福幸塾が目指す学びのカタチです。

塾の創業エピソード
〜人生に、本当に役立つ勉強を〜

じゅくちょうのイメージ

勉強を教えない塾の始まりには、「二つの人生」が絡み合っています。 一つは、じゅくちょう自身の人生。もう一つは、中学生たちの人生です。

 

じゅくちょうこと福田幸志郎は、三重県熊野市出身。小中学校の義務教育を学年一人で育ちました。 当時の1990年代というのは、インターネットが世の中に普及し始めた時期。 「こんな田舎で育って、時代に取り残されたらどうしよう?」 そんな不安が心のどこかにありました。

 

将来に備えてできることといえば、勉強です。 じゅくちょうはそれなりに勉強をがんばり、志望する高校・大学へと進学しました。 これで、自分は多くの選択肢を手にして、自由に生きていけると思っていました。

 

しかし、進学しても、勉強をがんばった過去が報われそうな気配はありません。 むしろ、大人に近づくほど不自由になっていくように感じました。 成績のためには勉強。生活のためには仕事。仲間はずれにされないためには同調。 自分の強みを活かして学校の先生になっても、その不自由さは変わりませんでした。

 

「なんのために勉強をがんばってきたんだろう?」 そう思いながら生徒に教える勉強には説得力がなく、罪悪感でいっぱいでした。 どんな勉強があれば、もっと人生が良くなるんだろう? 人生を楽しんでいる人は、どんな勉強をしてきたんだろう? そんな問いの答えを探して、じゅくちょうは新しい世界に飛び出しました。

 

答えはまだわかりません。もしかしたら答えなんてないのかもしれません。 それでも、自分の人生を切り拓いていけば、それが次の世代への見本になります。

 

だから、自分でも挑戦しながら、人生と向き合う人たちと学べる塾を立ち上げました。 お互いの「人生の物語」を分かち合うことで、人生に役立つ勉強を増やしていきます。 「自分もまだ人生を諦めたくないし、子どもたちにも自分らしい人生を歩んでほしい」 それが勉強を教えない塾の原点です。

インターンのイメージ

福幸塾の起業インターン

福幸塾には、インターン生が在籍しています。

 

「起業インターン」といっても、起業にこだわってはいません。 困った時はじゅくちょうのサポートを受けられるので、週1回のMTGをしながら各々のやりたいことの実現のための課題、進捗状況を週1回のMTGで共有しながら、動画編集、インタビューなど各々が「やりたいこと」を実現させています。

 

時に、起業インターンで様々な大人と出会うことで、将来のモデルを見つけられることもあります。起業家であるじゅくちょうから、起業のいろはを学び自分からサービスを立ち上げた人もいます。

 

このように、自分の「やりたいこと」「なりたい自分」を実現させるのが、福幸塾の起業インターンです。

福幸塾が提供するサービス
 

勉強を教えない塾

​(中学生・
高校生向け)

メンテナンス
セッション

​(大人向け)

​企業向け研修・講演