じゅくせいの声

勉強を教えない塾福幸塾では、会員さんに親しみを込めて「じゅくせい」とお呼びしています。(ひらがながポイントです)

世代も地域も立場もバラバラ、塾を利用する目的もバラバラ。それでも希望を持って学び続ける意欲は同じです。

​どのように塾に出会い、どのように変化していったのか、何のために学び続けるのか。じゅくせいのみなさんの実践があなたのヒントになれば幸いです。

2021-09-07 20_edited.jpg
1611190616467_edited.jpg.webp

K・Uさん(航空業)

 忙しい日々に充実感はありましたが、長期的な成長や変化は感じられていませんでした。単なる振り返りや計画だけでなく、今後につながる見通しを描こうと思ってメンテナンスを受け始めました。

 深く考える時間ができたことで、自分のモチベーションやストレスの要因もわかり、自信にもつながりました。それが結婚にもつながったので、メンテナンスはとても大切な習慣だと思っています。

坂本智子�%.jpg.webp

​T・Sさん(医師)

 仕事も子育ても一生懸命でしたが、タスクをこなしているだけのように感じていました。子どもにとって「楽しく生きてる大人」でいたいと思って入会しました。メンテナンスを受けると、隠れた自分に気付きます。嫌な一面が見えてもそれは「才能の裏返し」だと示してもらえるので、考え方や視点が広がっておもしろいです。

こちらからインタビュー

記事をご覧いただけます →

樫木美喜�%.jpg.webp

M・Kさん(起業家)

 育児と事業の両立に悩む中で、じゅくちょうの講座(思考の整理)を受ける機会がありました。立ち止まる時間ができたことで、自分のことが深く理解でき、頭の中がスッキリしました。

​ 何がしたいのか、なぜしたいのか、他のじゅくせいさんから聞ける話もとても刺激的で、私の人生の栄養になっています。私も仕事を通して人や地域の手助けをしていきたいです。

DSC02270.JPG
スクリーンショット 2022-10-22 8.38.59.png

M・Mさん(金融業)

 仕事仲間からの紹介でメンテナンスを受講し始めました。仕事でお客様をサポートさせていただく時にも感じることですが、忙しい時や慌てた時ほど自分を見失いがちです。冷静な判断をするためにも、振り返りの習慣は重要だと思って毎月継続しています。

こちらからインタビュー

記事をご覧いただけます →

o74d53ec34c021e3b0016ba1d46568d53_4620693218547757321_210925_20_edited.jpg

M・Hさん(学生)

 他のオンラインサロンがきっかけでじゅくちょうと出会い、インターン生として塾に関わるようになりました。インタビュアーを目指しているので、頭の整理だけでなく人の話を引き出す練習にも活用させていただいてます。ビジネスの視点も含め、大学では得られない経験を積むことができて充実しています。

こちらからインタビュー

記事をご覧いただけます →

スクリーンショット 2022-10-19 9.54.29.png

K・Sさん(自営業)

 最初は長男の入塾がきっかけでしたが、今は私だけ塾を続けています

 ハンドメイドのお店や講座をしており、進む方向を決める上でメンテナンスが役立っています。心で感じたことや自分の行動を言語化することで、たくさんの気付きが得られます。自分らしい生き方から、子どもとの向き合い方も変化してきています。

こちらからインタビュー

記事をご覧いただけます →

2021-09-03 01.06.08.jpg
スクリーンショット 2022-10-19 9.54.53.png

K・Oさん(林業)

 東北震災の後、姉を頼って関西を訪れた時にじゅくちょうと知り合いました。自分の考えを伝えたり、整理して話したりするのが苦手なのと、一人だとついネガティブ思考に陥りがちなので、その辺を克服したくて塾を続けています。周りには内面のことや前向きなことを話せる人が少ないので、塾の交流も貴重な場になっています。

こちらからインタビュー

記事をご覧いただけます →

井上恵美�%.jpg.webp

E・Iさん(自営業)

 悩みがあったというより、柔軟な発想がおもしろそうだったので、自分にはない考えを知るために入塾しました。じゅくせいも刺激的な方が多く、振り返りも良い整理ができています。

 仕事のことでも、じゅくちょうに相談して文章づくりを手伝いってもらいました。仕事仲間に褒められたり集客につながったりして助かりました。

​ 人生を楽しんでいる背中を自分も示していきたいなと思っています。

スクリーンショット 2022-10-22 8.39.15.png

M・Mさん(会社員)

 知人が塾に入ってすぐの頃に一緒に体験でメンテナンスを受け、そのまま入塾しました。仕事でリーダー的な役割を任されていたので、いろんな人を知る上でも塾の環境はとても役立っています。仕事で落ち込む時もありますが、毎月トライ&エラーを続けることで少しずつ学びと実践が積み重なっているように思います。

こちらからインタビュー

記事をご覧いただけます →