top of page
女性プレゼンター

「裸の真実に服を着せる」
ストーリーの技法を学ぶ
伝え方のオンライン講座

Dress Words Up

聴き手が理解・共感できるように、

言葉に服」を着せて伝える技法を

「ストーリーテリング」といいます。

ビジネスプレゼンテーション

人の考えや行動に

​影響を与える

思い出の写真

想像をかき立てる

​言葉で表現する

決済処理中

信頼されるまでの

​労力を減らす

 

あなたの話が引き立つように

「服の着せ方」を学ぶのが

Dress Words Up です。

バーチャルチームミーティング

ストーリーテリングで
始めに学ぶこと
(プロローグ編)

□ 伝達と理解のメカニズム

 (無料体験会でお伝えします)

□ 聴き手を理解する3ステップ

 (開催月:2,5,8,11月)

□ 関係構築の2大テクニック

 (開催月:3,6,9,12月) 

□ ストーリーテリングの技法

 (開催月:4,7,10,1月

まずは無料のオンライン面談と体験会にお申し込みください↓

​ストーリーテリングが役立つ場面
​(マスター編で極める4つのストーリー

女性講師

スピーチ

・語り始めの技法

・沈黙から伝わる意図

・非言語のストーリー

会議

・物語性のあるルール

​・シーン別の時間配分

合意形成ストーリー

​商談・交渉

・効果的なヒアリング

​・物語で理解する要約

​・クロージングの物語

タイピング

文章

・物語の三幕構成

・章立てのテクニック

​・動作・心情・風景

Dress Words Up 

3つのメニュー

A. プロローグ編(随時開催)

 ・最初に学ぶ5つのこと

 ・ストーリーテリングの定義と技法

B. マスター編(定期開催

 ・毎月1つずつストーリーを制作

 ・12の独自ストーリーをマスター

C. オーダーメイド編(個別対応)

 ・専属ストーリーテラーによる指導

 ・場面に応じた最適なストーリー制作

まずは無料のオンライン面談から。

お気軽にお問い合わせください。

2022-06-10 16_edited_edited.jpg

サービス
​誕生秘話

大事な話をする場面になると、
なぜうまく話せないんだろう?

・大勢の人を前に話し続ける講演会

・成約できるかどうかが決まる商談

・耳の痛い話もしないといけない会議

・これからの関わり方が決まる初対面

・攻撃的な人へのクレーム対応

いわゆる「アウェイ」の場で、

どれほど失敗してきたかわかりません。

(どう言葉にすればいいんだろう)

(余計なことを話しすぎてないか)

(自分の方が間違ってるのかな?)

(あの時こう言えばよかったかも)

学年一人の田舎から都会へ出て後、

教育、NPO、起業、オンライン、と

さまざまなアウェイに飛び込むたび、

「理解の壁」にぶつかってきました。​

2019-02-28 17.17.05.jpg

どんな関わり方や伝え方ができれば
真意が伝わり、信頼されるだろう?

失敗を重ねた先で身につけたのが、
​ストーリーテリングの技法でした。

2021-03-28_21h15_47のコピー_edited_edited_edited_edited.jpg

「やってることはよくわからないけど

 福田さんを応援したいから買うよ」

「もし何かできることがあれば

 協力するので声かけてくださいね」

「社交辞令は必要ないから

 早速本題に入りましょう」

「どうせちゃんとやるでしょ?

 資料は簡易なものでいいですよ」

いろんな世代や業界の人と出会い、

関わる機会が増えていくことで、

少しずつ関係を築くスピードが

早くなっていきました。

その時に効いていたのが、

「ストーリー」の力でした。

たとえ話や実体験を語ると、

人間らしさや現実味が伝わります。

そこに説得力や共感が生まれて、

好感や信頼感が高まります。

ストーリーで伝えることで、

「伝わらないもどかしさ」に

苦しむことは少なくなりました

 

人を惹きつけ、行動へと駆り立てる

 ・具体的なイメージ

 ・ポジティブな感情

 ・変化へのアクション

「伝わる要素」が詰まっているのが

ストーリーテリングだと知りました。

2018-12-01 17.21.29.jpg
2015-04-24 22.09.18.jpg

ストーリーで伝えるには、
事実に「描写」を加える

ストーリーテリングの技法はとてもシンプルです。

 

「PDCAを回して自分を成長させよう」ではなく「日誌を書いて改善を重ね、グリーン車に乗れるようになろう」と伝える。

「遅刻をしてはいけません」ではなく、「プロのスポーツ選手を目指すなら、1分1秒にこだわろうよ」と伝える。

同じことを伝えていても、伝わる印象は違います。立ち止まって考え、言葉を選び直せば、あなたもストーリーを語れるようになります。

ストーリーで語ることは、
身なりを整えることと同じ

聞き手に合わせて伝えることは、

場にふさわしい服を着るようなもの。
堅すぎず、柔らかすぎないのが、

人前に出る人のエチケットです。

着丈や色味を揃えるように、

​口調や言葉選びにも気遣いを。

Dress Words Up には、

そんな願いを込めました。

あなたにピッタリの一着を

仕立てるような気分で

ご利用いただけると嬉しいです。

2021-04-17 00.07.14-1.jpg

一生もののスキルに、一度きりの自己投資

 ストーリーテリングの技法は、身に付ければ忘れることはありません。必要なタイミングでいつでも使える上、くり返し使うほど上達します。レンドや寿命もありません。

 なのに、費用をかけるのは一回きり。ドレスやスーツを一着新調する感覚で、一生使い回すことができます。オーダー価格は以下の通りです。(分割3〜12回払いもOK、返金保証3ヶ月)

  プロローグ編:  9.9万/3ヶ月

  マスター編 :48万円/12ヶ月

  フルオーダー:33万円/3ヶ月

 ・塾会員は優待価格あり

 ・受講生専用Facebookグループあり

 ・マスター編完了時に修了証を発行

チャンスは3ヶ月に1度、
定員は各回3名のみ。
今すぐご連絡ください。

一人ひとりの状況や技量に合わせて

ストーリーテリングをお伝えするため、

定員は少なく、期間は長く設定しています。

良い服を仕立てる時と同じで、

良い言葉を磨くのも手間がかかります。

LINE公式アカウントよりご連絡いただき、

ヒアリングを済ませた方から順に

お席をご用意いたします。

まずはこちらのボタンよりご連絡ください。

2021-10-01 17.01.34-4.jpg
2022-12-26 11.22.45.jpg

最後に:あなたの伝え方で、
職場や地域に希望が芽生える

経営者も、会社員も、主婦も、教師も、治家も、より良い未来を願って挑戦する人はいつも少数派。想いの深さはなかなか理解されません。

そんな人の「伝わらない孤独」に寄り添うにも、ストーリーテリングの技法は役立ちます。

本当に価値があるものを広げるためにも、誤解や思い込みによる対立を避けるためにも、まずは私たちから伝える力を磨いていきましょう。

あなたと一緒にストーリーテリングの技法を深め合っていけることを楽しみにしています。長文を読んでくださり、ありがとうございました。

主催・総責任者 福田幸志郎

LINEをお持ちでない方は、
フォームからご連絡ください

送信ありがとうございました

bottom of page