top of page
  • 執筆者の写真じゅくちょう

データの中に「ないもの」は?

◆ 爆撃機の「帰還率」を高めるための研究より


第二次世界大戦中、アメリカ軍はドイツ軍の対空砲火(爆撃機への攻撃)に悩まされていました。少しでも爆撃機の帰還率を高めようと、日々さまざまな研究が行われていました。


・攻撃されても帰還できる確率を高めるには、装甲を強化する必要がある


・しかし機体全体を強化すると、機動性が落ちて撃墜されやすくなる


・特に重要な部分だけを強化すれば、耐久性も機動性も確保できる


どこを強化すべきか見極めるべく、帰還した爆撃機を調べた結果、図の赤い点の部分が特に銃撃されているとわかりました。



あなたなら、これを見て装甲のどの部分を強化すべきだと考えますか?



◆ 何も考えなければ、多くの人は「目に見えるもの」で判断する


直感的には、データで示された赤い点の部分を強化すべきだと考えるはずです。多くの研究者もそのように主張しました。しかし、統計学者のエイブラハム=ウォルドは違いました。


「赤い点は、『銃撃されても帰還できた』という事実を示している。強化すべきは、赤い点で記されていない箇所だ」


・存在するのは「帰還できたデータ」だけ


・「撃墜されたデータ」は収集できない


・データに残らない箇所こそ強化すべきである


こうして装甲を強化した結果、今の歴史になったのかもしれません。



◆ 自分の「見えてないもの・知らないこと」をどこまで意識できるか


普段の生活でも、私たちは「見えているもの・知っていること」で判断しがちです。


なぜうまくいかないのか、どうすればうまくいくのか、考える時によく参考にするのは、「自分の経験」や「成功者(っぽく見える人)のアドバイス」です。


しかし、そこから見えない「盲点・錯覚」にこそ、重要な知見が隠れています。


新しいアイデアや重要なひらめき、自分なりの答えを見つけるには、そういうところに目を向ける知性と勇気も大切ですね。


「自分に見えていないものは何か?」

「自分がまだ知らないことは何か?」


ぜひ考えるヒントにしてみてください。


 

(お知らせ)


自分の中の「盲点・錯覚」に目を向ける機会に、『頭の中のメンテナンス』をお役立てください。



◎ プログラムの基本は「1ヶ月の振り返り」


 ・行動や感情を書き出して思考を整理

 ・人にシェアして言語化をトレーニング

 ・人からのフィードバックで発想を拡大



◎ 開催期間は、2月25日〜3月15日(予約受付日の中から1日を選択)


↓現在の予約状況↓

 2月23日 金 10:00

 2月24日 土 10:00

 2月25日 日 13:00

 2月27日 火 13:00

 3月01日 金 10:00(満席)

 3月03日 日 10:00(満席)

 3月05日 火 10:00

 3月08日 金 13:00

 3月09日 土 13:00

 3月10日 日 10:00

 3月13日 水 13:00



今月のワークシートはこちら


20240203メンテシート
.pdf
Download PDF • 434KB


◆ ご予約はお問い合わせフォームまたはメールから




Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page