『目標の見つけ方

をテーマにした

小説を出版します。

 

序章を先行公開、

初回限定版300冊の

先行予約を受け付けます!

 

(このページのもくじ)

 

1.舞台・世界観について

 

2.書籍の一部を先行公開

 

3.執筆までの背景と経緯

 

4.オプションコース案内

 


小説『思考と対話』(特典なし)

小説のみの販売となります。純粋に物語作品としてお楽しみになりたい方はこちらをご購入ください。(オープンチャットへのご招待は、ご入金の確認後、メールアドレスあてにお送りいたします。)

(送料込)

¥1,600

  • 配送期間:5日以上


1.舞台・世界観について

主人公は中学2年生の男の子、

 

天野雫(あまのしずく)。

 

「来週までに進路のことを考えておくように」

 

担任の先生から言われるところから物語は始まります。

 

 

「将来、自分はどうしたいんだろう?」

 

答えの見えない問いに、途方に暮れる雫。

 

しかし、その悩みにぶつかっているのは、雫だけではありませんでした。

 

同じ街に住む人たちの中にも、「これから」について悩む人がたくさんいたのです。

 

 

・子育てから手が離れて、少し気持ちに余裕ができたお母さん

 

・仕事に駆け回りながら、自分の働き方に悩むサラリーマン

 

・理想の教育を追い求めながら、現場のジレンマに悩む教師

 

・病気を乗り越えながら、人生と向き合い始めた患者

 

・新しい価値を求めて、事業に挑戦する経営者

 

 

「目標、希望、使命、自分らしさ、やりたいこと」

 

近代人には考えられなかった『未来を描くこと』と、現代人はどう向き合えばいいのか?

 

雫の一年間の物語を読み進めていくことで、「目標」のヒントを得ていただけたら幸いです。

 

 

目標と向き合うにあたって、雫は5人のキャラクターと出会うことになります。

  

・家事も仕事も趣味も自分らしく楽しむ主婦、サキ

 

・挑戦の先に仕事の醍醐味を見出したサラリーマン、竜

 

・生徒主導のクラス運営に挑戦する教師、進堂

 

・心と向き合って病気を克服したエステティシャン、サエ

 

・人材育成に新たな活路を見出す起業家、大地

 

 

実は彼ら、ただの創作キャラクターではありません。

 

実在する人物との「思考と対話」から生まれた、

 

半分リアルなキャラクターたちなのです。

 

 

彼らの「現実の取り組み」から導き出された、

 

目標を見つけるための大事な知恵とは?

 

さまざまな出会いから生まれる『思考と対話』、

 

そこから雫が導き出す知恵と行動とは?

 

 

「目標」を持っている人も、持っていない人も、

 

「目標」を身近な誰かに見つけてほしい人も、

 

きっとこの本を読めば、

 

「目標」について考えることがラクになるはず!

 

 

しかも、この小説はこれで終わりではありません。

 

この小説が目指すのは、物語と現実の融合……

 

つまり、『ハーフフィクション小説』です!

 

 

1.書籍は物語の世界への「入場チケット」

 

2.購入者限定「LINEオープンチャット」へ

 

3.物語からの学びを現実に「落とし込み」

 

4.あなたの実践をチャットで「シェア」

 

5.あなたの人生経験が「次の小説」に

 

 

物語があなたの現実を豊かにし、

 

あなたの現実が物語を豊かにし、

 

次の世代や世界に広がっていく。

 

 

現実と物語の世界を行き来しながら、

 

「持続可能な社会」を一緒に創っていきませんか?

 

この小説が『希望を持って生きる人たちの教科書』に進化していけるよう、

 

ここから始まる物語を一緒にお楽しみいただけたら幸いです。

 

   

なお、先行予約でご購入くださった方には特典として、

 

・発売までに全編を少しずつ先行公開

 

・購入者限定ページを作成して今後の展開を共有

 

・小説の内容や展開に口出しできる権利

 

など順次お届けしていく予定です。

 


2.書籍の一部を先行公開 

 

■【序章】 「目標」は、どうやって見つければいいか? どうやって実現すればいいか?

 

◆ 多くの人が見落としてきた、意外な真実  ~ 教わることができない大事なこと ~

 

 僕たちの会話の九十%は、「過去」によってできています。

 

僕たちの会話には、「未来」について語る言葉がほとんどありません。

 

「誰が何をした」という過去の出来事をもとにした愚痴やウワサならいくらでも話せるのに、

 

「これからどうしたいか」という未来の目標や計画のこととなると、途端に考えが出てこなくなります。

 

だから多くの人は、進学や結婚、退職といった「人生の岐路」に立った時、不安や恐怖におそわれます。

 

 なぜそれが難しいのか?

 

それは、「考えたことがなかった」からです。

 

周りの人に合わせてさえいれば、「過去」に従ってさえいれば、勉強も仕事もあまり深く考える必要がなかったからです。

 

必要もないのに「未来」のことを考えたり話したりすると、まわりから変な目で見られるのが今までの世の常でした。

 

 でも、人類の発展や世界の歴史に目を向けると、「未来」を創る人が栄え、「過去」にしがみつく人が滅ぶ、という状況があるように見えます。

 

偉大な発明や革命だけでなく、身近な仕事や勉強でも、「未来」を考えている人がいつも一歩先を進んでいます。

 

 いきなりきちんと未来を描くことは難しいかもしれませんが、考えることから少しずつ始めることはできます。

 

どうやって考えればいいか、何から手をつければいいか、学びながら進めばいくことはできます。

 

未来のことは学校や会社ではあまり教えてもらえないので、自分で学び始める以外に方法はありません。

 

 

 「目標」は、どうやって見つければいいか? どうやって実現すればいいか?

 

 

 それがこの本のメインテーマです。

 

この本は、ただの小説やノウハウ本ではありません。

 

リアルな世界の、リアルな人たちの、「目標を見つけるプロセス」を表現した物語です。

 

世間で語られる「目標の見つけ方、達成のしかた」にはない、リアルな人間模様を参考にしながら書き上げました。

 

 この本で紹介する「目標を見つけるプロセス」は、実際に多くの人がたどってきたものです。

 

十歳から六十歳まで、さまざまな立場にいる五百名以上の方々の歩みから導き出されたものです。

 

「とにかく考えるより行動だ」

 

「良い環境に身を置け」

 

「一度決めたら最後までやりきれ」

 

 世間のアドバイスも間違いではありませんが、一部の人の経験を参考にしていることが多く、やや再現性に欠けるところがあります。

 

そのまま鵜呑みにしてしまうと、夢に浮かされて現実を見失い、進路選択や人間関係を見誤る危険性があります。

 

 目標を見つけるには、順序やタイミングを考える必要があります。

 

一人一人の状況や個性を考える必要があります。さまざまな視点で考えるため、意外と複雑で奥が深くなります。

 

「目標を見つける方法」を一言で表すことはおそらくできません。

 

 だから、その全体像や流れを理解しやすいように、経験と知恵を「物語」で表現しました。

 

物語の世界に浸りながら、実用書として学び、リアルな人生に役立てる……そんな読み方をしていただけたら嬉しいです。

 

 日々の忙しさや人間関係の難しさといった「過去」は少し脇へ置いて、ちょっとだけ「未来」に目を向けてこの本を読んでみてください。

 

「自分はどうしたいんだろう?」と、あなた自身の「これから」を考えてみてください。

 

 「これから」を考え始めれば、発想や出会いがますます広がって、人生はさらに希望や可能性に満ちたものになるはずです。

 

過去に振り回されながら他人任せで生きていくより、未来を描きながら自分を信じて生きていく方が、きっと楽しいですよね!

 

 目標を見つけて、「これから」を創っていきましょう!

 

 一人一人の人生経験を「知恵」として残していきましょう!

 

 この本が、「目標」についての共通言語・共通認識になっていくことを願っています。

 

 この本を手にとってくれて、ありがとうございます。

 

執筆者代表 福田幸志郎

 

 

【もくじ】

 

序章  「多くの人が見落としてきた、意外な真実」

 

第一章 勉強編 ~ 「これから」を考える前に、見直すべきこと ~

 

【 発想を広げる邪魔をしているものに気付け 】

 

【 自分には知らないことがあるということを知る 】

 

【 何でも知ってみようとすることから始まる 】

 

第二章 挑戦編 ~ 「始まりの難しさ」を乗り越えるには ~

 

【 新しい挑戦が崩れるメカニズム 】

 

【 挑戦するチャンスは一瞬 】

 

【 新しい挑戦を始める時に手放すべきもの 】

 

第三章 発見編 ~ 「うまくいく流れ」を生み出すために ~

 

【 努力が報われない時に陥る罠 】

 

【 まわりに振り回されないために 】

 

【 原因と結果の法則を見極めよ 】

 

第四章 勇気編 ~ 本当の「やりたいこと」を見つけるには ~

 

【 理想と現実のギャップ 】

 

【 わかりやすく具体的に考える方法 】

 

【 「心で感じる」ことの意味 】

 

第五章 習慣編 ~ 「日常」の中で一歩ずつ前進していくには ~

 

【 やりたいことが見えてきた次の課題 】

 

【 やりたいことを全部やる秘訣 】

 

【 自己満足と現状維持を防ぐ習慣 】

 

【第一章の一部をPDFで公開】

 


 

初回限定版は限定300冊!

 

予約販売受付中

  

・配送は発売日以降(3月上旬予定)となります。

 

・写真はイメージです。(デザインは近日公開予定)

 

・カートで注文完了の後、メールにて詳細をご案内します。

 

・著者直筆サインやご相談を希望される方は、備考欄にご記入ください。

 

小説『思考と対話』(特典なし)

小説のみの販売となります。純粋に物語作品としてお楽しみになりたい方はこちらをご購入ください。(オープンチャットへのご招待は、ご入金の確認後、メールアドレスあてにお送りいたします。)

(送料込)

¥1,600

  • 配送期間:5日以上

3.執筆までの背景と経緯

【人生や社会に、

「希望」を増やしたいあなたへ】

 

変化の激しい現代、

あなたの周りにも、

「目標」に悩む人はいますか?

 

人が「目標」を見つけ、

形にしていくためには、

どんな人が手本になると思いますか?

 

 

1.長時間労働で短時間睡眠、

人から批判されても気にせず進む、

疲れ知らずのスーパーモチベーター

 

2.好きなことで週3労働、

お金も人間関係も運勢次第、

自分らしさのゆるふわマダム

 

3.早寝早起きの安定習慣、

仕事と家庭と鍛錬を両立する、

コツコツ堅実ビジネスマン

 

 

「極端な人たち」のアドバイスは、

エンタメとして楽しむには刺激的です。

 

でも、「参考やヒント」にするには、

少し無理があると思いませんか?

 

個人的な特性や気質は、

他の人にも役立つとは限りません。

 

 

「人間の心」って、

広告や映画で短く表現されるほど

単純ではありませんよね。

 

やろうと思っていることができなかったり、

まわりの人との関係に気を遣ったり、

 

理屈ではない「限界」を感じている人が

たくさんいるのではないでしょうか。

 

 

「極端な人」にならないと、

夢や希望は追い求められないのか?

 

「現実的な気持ち」に寄り添って、

目標や人生を考えることはできないのか?

 

極端になりきれなくて、

人生や目標を諦めた人も、

中にはいるかもしれません。

 

 

でも、時間をかけて調べると、

「極端である必要はない」

ということがわかってきました。

 

・10年かけて、

500人の老若男女と、

1人あたり約2年2ヶ月、

対話を重ねてきました

 

・10歳から60歳まで、

目標との向き合い方や、

気持ちの浮き沈みの流れを

一緒に観察してきました

 

・すぐに答えは出せないけど、

現実も理想も諦めない、

バランスの良い頭の使い方が、

少しずつわかってきました

 

直感で突っ走るのでもなく、

理屈でこじつけるのでもない、

「目標・希望のメカニズム」が

見えてきました。

 

 

これらの知恵は、

一言・一瞬ではお伝えできない、

「深い知恵」です。

 

これを伝えるには、

ノウハウ本にまとめるより、

「物語」が適しています。

 

(例えば子どもは、

絵本やアニメを見ながら、

「愛」や「勇気」を学びますよね)

 

そこで、

知恵の全体像や流れを

イメージしやすいように、

「小説」に仕上げました。

 

 

物を売るには、

シンプルでインパクトのある

「短い答え」が必要かもしれません。

 

しかしそれでは、

物を売ることはできても、

問題の解決はできません。

 

人の心を深く理解し、

人生や社会に希望を見出すには、

「長い答え」が必要です。

 

(実際、世間の多くの人が、

「短い広告」に踊らされている間に、

偉大なリーダーは、

「長い教養」を学んでいます)

 

 

時間をかけて深く理解する上で、

「小説」はとても役に立ちます。

 

一言・一瞬では表現できない、

「エッセンス」を伝えることができます。

 

 

映画や音楽、

スポーツや芸術に、

時間をかけることで

「初めて見える景色」

があるように、

 

「目標」や「希望」も、

時間をかけて初めて

見えてくる景色があります。

 

一瞬で理解できるものは、浅い。

だから、今から時間をかけて

理解を深めていきませんか?

 

「目標の見つけ方がわからない」

という人に希望を与えられるように、

「目標の新常識」が伝われば幸いです。

 

 

これが伝わることで、

「目標」について悩むことが減り、

人生や社会はますます

希望に満ちたものになると信じています。

 

ご自身の勉強にも、

身近な大切な人への贈り物にも、

知恵をお役立ていただけたら嬉しいです。

 

極端な人たちの

「刺さるメッセージ」

に振り回されるのではなく、

 

再現性や持続性のある

「染み込むメッセージ」を、

時間をかけて深めていきましょう!

 

執筆者代表 福田幸志郎

(勉強を教えない塾じゅくちょう)

 

 


初回限定版は限定300冊!

 

予約販売受付中

  

・配送は発売日以降(3月上旬予定)となります。

 

・写真はイメージです。(デザインは近日公開予定)

 

・カートで注文完了の後、メールにて詳細をご案内します。

 

・著者直筆サインやご相談を希望される方は、備考欄にご記入ください。

 


小説『思考と対話』(特典なし)

小説のみの販売となります。純粋に物語作品としてお楽しみになりたい方はこちらをご購入ください。(オープンチャットへのご招待は、ご入金の確認後、メールアドレスあてにお送りいたします。)

(送料込)

¥1,600

  • 配送期間:5日以上