· 

目標や計画から脱線するメカニズムと、その対処法

「どんなに素早くスタートしても、

 

進む方向が間違っていたら、

 

がんばればがんばるほどに、

 

間違った方向に進む……しかも、

 

やり直すための労力も余分にかかる」

 

 

by 0から始める専門家 じゅくちょう

 

(いつからそんな肩書きつけたんだ ←今)

 

 

どうも、「頭脳のケア」のスペシャリスト、「メンテナンストレーナー」のじゅくちょうだ。

 

(肩書きだらけで誰だかわかんねえよ)

 

 

新しいブログを書くと決めて1~2週間、じゅくちょうは早くも挫折しかけている。

 

だって最初は心新たにがんばろうと思ってたのに、最近なんだか書く気が出てこなくて……

 

 

パトラッシュ、なんだか眠くなってきちゃった。(お前はネロじゃねえだろ!)

 

 

「がんばろう!」と思って目標や計画を立てたのに、気付いたらその勢いがなくなって、

 

いつの間にか挫折……なんて経験、あなたにもないだろうか?

 

 

実は、目標や計画っていうのは、普通に取り組むと必ずつまずくようになっている。

 

今日はちょっとそのメカニズムと、それに対する策を一緒に考えてみよう。

 

 

目標や計画が脱線する原因はどこにあるか……ズバリそれは、

 

 

「当初の状況から、事態が変化すること」にある。

 

 

△「新しさ」を感じなくなる

 

△もっと良さそうな「アイデア」が出てくる

 

△想定外の「落とし穴」が見つかってくる

 

 

実際に目標や計画を動かし始めると、当初考えていたプランにはなかったものが見えてくる。

 

もちろんこれは新しく見えてきた気付きだから、決して悪い展開ではないんだけど、

 

自分の心はそう単純じゃない。

 

 

「せっかく決めたのに、もう軌道修正していいのか、俺!?」

 

「かといって現状を続けるのも気が進まないんだけど、俺。」

 

 

状況に適応すべきか、初心を守るべきか……ジレンマを抱えているうちに、

 

僕たちのパフォーマンスはどんどん下がっていく。その結果、

 

一番望ましくない中途半端な挫折に行き着き、余計に自己嫌悪に陥ることになる。

 

 

「だってこれで完璧だなんてことはそうそうないでしょう♪

 

また計算して完璧過ぎてもおもしろくないでしょう♪」

 

 

……なんて歌詞がケツメイシのアルバム収録曲『君色』の中にあるんだけど、

 

(ケツメイシファンしかわからない引用を持ってくるな)

 

そう簡単に開き直れないのが僕たちの心情だ。

 

 

じゃあ、どうやって対策すればいいか?

 

 

「新しさ」が薄れて、より良い「アイデア」が出てきて、想定外の「落とし穴」が見つかる……

 

それなら、それぞれのポイントに対して策を練ればいい。

 

 

「新しさ」っていうのは、言ってみれば「感情」だ。

 

僕たちは感情によって突き動かされるから、新しさに対する前向きな感情が薄れてしまったなら、

 

「新しさ」だけで行動を続けるのは難しい。

 

 

何か「別の感情」を用意する必要がある。

 

実は、僕たちを突き動かす基本的な感情は、「新しさ」の他にもう1つある……それは、

 

 

「楽しさ」だ。

 

当初決めた目標や計画に関して、現時点で楽しさを感じている部分があれば、

 

その目標や計画は続けることができる。

 

 

何に楽しさを感じているのか、続けた先にどんな楽しさが待っているのか……

 

「楽しさ」を感じることは、「新しさ」に変わる新しいエネルギー源になる。

 

感情さえ決着がつけば、「アイデア」と「落とし穴」は割とスムーズにクリアできる。

 

 

「書き出して比較」してみよう。

 

「今考えていること」と「前考えていたこと」を書き出しながら、自分の考えを整理していけば、

 

大事なポイントがどこにあるのかが見えてくる。

 

当初の考えはどういうもので、実際に進んでみてどんなことが見えてきたのか、

 

どんなところに違いがあって、それについて自分はどう感じているのか……

 

いろんな考えを書き出していけば、これからをどうしたいのかが見えてくる。

 

 

↓ぜひちょっとワークをしながら考えてみてほしい↓

 



 

……さて、書き出してみていかがだろう?何かより良いアイデアは見えてこないか?

 

つまるところ、「脱線」ていうのは、立ち止まって考える良いタイミングにもなる。

 

このまま進んでいいものか、うまく適応していくべきか、立ち止まって考えるきっかけをくれる。

 

心で感じているものをもとにして考えれば、予定にこだわるべきか柔軟に対応すべきかは見えてくる。

 

 

やってはいけない脱線とは、自分の心で感じていることを無視して、

 

当初の予定にこだわりすぎたり、思いつきに手を出しすぎたりする「感情の脱線」だ。

 

感情面で大切にしたいことがわかっていて、

 

それを満たすために必要なのであれば、「予定の脱線」はおおいにあって構わない。

 

 

試しに定めた目標や計画はどんどん書き直して、

 

より自分の感情にまっすぐな方向に軌道修正していこう。

 

 

もしかしたら、「脱線した」と思っている先にこそ、「本線」はあるのかもしれない。

 

目標や計画を大切に、感情に従って進んでいこう。

 

じゅくちょう