Q:なぜ頭脳を「ケア」する必要があるのですか?

 

A:頭脳の「処理能力」には限界があるからです! 

 

「脳は疲れることなく働き続ける」

 

と脳科学の世界では言われています。

 

 

体は休んでいても脳は働いていて、

 

自分に必要な知識な情報について

 

考え続けているそうです。

 

 

でも、だからといって仕事や勉強も

 

がんばり続けられるかというと、

 

決してそうではありません。

 

 

あなたも身に覚えはないでしょうか?

 

・やる気がある時とない時の差が激しい

 

・集中できる時とできない時の差が激しい

 

・アイデアが出る時と出ない時の差が激しい

 

  

脳は疲れないはずなのに、

 

なぜ行動にムラが出るのか……それは、

 

脳の「処理能力」に限界があるからです。

 

 

わかりやすくいうと、

 

『脳そのものは働き続けるけど、

 

一度にたくさんのことは考えられない』

 

ということです。

 

 

1つのことだけを考えていればいいなら、

 

私たちはもっと仕事や勉強など

 

大事なことに集中して取り組めるはずです。

 

 

でも、実際の生活や現代の社会では、

 

1つのことだけを考えて過ごすことは

 

あまり現実的ではありません。

 

 

目の前の仕事や勉強はもちろん、

 

将来のことも考えておきたい。

 

そして人間関係や遊びも

 

適当にはしたくない。

 

 

考えることがたくさんあって、

 

がんばろうとすればするほど、

 

情報があふれている現代では

 

「脳の処理」に限界がやってきます。

 

 

目標や将来を考え、

 

締め切りや目標に追われ、

 

人間関係にも気を使い、

 

遊びもないと息苦しい……

 

 

これではかえってどれも

 

中途半端になってしまいます。

 

 

どうにかして、

 

全部うまくバランスをとりながら、

 

1つ1つに集中して取り組めるような、

 

「脳の使い方」はできないものか……

 

 

そんなことを考える中で生まれたのが、

 

「頭脳をケアする」という習慣です。

 

考えることがたくさんあるなら、

 

立ち止まって考えを整理すれば、

 

集中すべきことが見えてきます。

 

(立ち止まる方が逆に素早く行動できます)

 

 

人間関係や将来のことで悩むなら、

 

幅広い視点で考えを深めれば、

 

本当に望む方向性が見えてきます。

 

(人を頼る方が逆に人に頼られます)

 

 

目の前の問題に埋もれないように、

 

立ち止まって考えを整理したり、

 

人と話して考えを深めたりする、

 

その習慣が「頭脳のケア」です。

 

 

スポーツや美容の世界では、

 

「ケアする習慣」はもはや常識です。

 

筋肉や肌は使い続けるよりも、

 

休ませたり癒したりして「ケア」する方が、

 

より良いパフォーマンスが発揮されます。

 

 

頭脳も筋肉と同じ体の一部、

 

使い続けるだけじゃなく、

 

「ケア」の観点を取り入れる方が、

 

より良いパフォーマンスが発揮できます。

 

 

筋肉にとってのマッサージやストレッチ、

 

肌にとってのスキンケアやエステが、

 

頭脳にとっての「考えの整理」です。

 

 

「頭脳をケアする技術」は、

 

『勉強を教えない塾』の授業の中で

 

多くの塾生とともに生み出されてきました。

 

 

当初は中学生・高校生を対象に、

 

「自分で勉強する方法を教える塾」

 

「計画の立て方を教える塾」

 

として2010年にスタートしました。

 

 

そこから少しずつ口コミで広がり、

 

大人の方も通うようになりました。

 

・塾生の年齢層は、10歳から63歳まで

 

・歴代の塾生数は、約300名

 

・在籍の平均期間は、平均21.6ヶ月

 

 

幅広い世代の方々と、

 

長期間にわたって、

 

勉強を教えずに接してきた結果、

 

「人の悩みのパターン」

 

「考えを整理するポイント」

 

少しずつ見えてきました。

 

 

それはつまり、人が普段の生活で

 

1.どんなことにつまずきやすいか

 

2.どうやってそれを乗り越えるか

 

に関するデータです。

 

 

大きく分けて、

 

考えを整理するポイントは3つ、

 

段階をわけると9つあります。

 

 

1.アイデア     

 

2.パフォーマンス  

 

3.コミュニケーション

 


【 1.アイデア 】

LV.1 考えを整理する技術

LV.2 目標を見つける技術

LV.3 計画を立てる技術



【 2.パフォーマンス 】

LV.1 やる気の管理技術

LV.2 行動と集中の技術

LV.3 習慣化の技術



【 3.コミュニケーション 】

LV.1 相手を理解する技術

LV.2 会話をリードする技術

LV.3 人前で話す技術



 

これらの観点を「ケア」していけば、

 

私たちは情報があふれる現代でも

 

仕事や勉強で良いパフォーマンスを

 

発揮していけるということがわかりました。

 

 

10代の子どもにもわかるほどシンプルで、

 

50代の経営者にも役立つほど実用的、

 

それが勉強を教えない塾の「頭脳のケア」です。

 

 

考えることが多いこれからの時代を

 

充実感いっぱいで活躍できるように、

 

仕事や勉強をがんばる人ほど、

 

頭脳を「ケア」する習慣を。

 

 

まずは体験から、

 

あなたも始めてみませんか?

 

あなたのご活躍を応援しています。


【プログラム一覧】

まずは笑いながら学んでください!

じゅくちょうの無料メールマガジン

『1日3分!立ち止まって考えるヒント』

見学や体験、面談はお気軽に!

『塾の使い方・アクセス

 

思春期のうちに世界観を広げよう!

『10代のための教養とキャリア

ケアの技術を身につけたいなら!

最大24ヶ月で知識と技術を徹底的に学ぶ

『スキル習得コース

 

学校や企業での講演・研修も受付中!

講演のご依頼・講演実績



(お気軽にお問い合わせください)

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です