「頭脳をケア」することは、

 

大事なものを全部守ること

 

あなたが守りたいものは何ですか?

 

頭をよく使う人ほど、

 

守りたいものがたくさんあるものです。

 

 

仕事や勉強をがんばること、

 

家族や友達と仲良くすること、

 

人生や将来を考えること、

 

体や心の健康を維持すること、

 

遊びや休養を楽しむこと。

 

 

できることなら全部大事にしたい。

 

他人のウワサや世間のニュースで

 

まわりに合わせるだけでは物足りない。

 

充実感や感動を味わえることに

 

時間とエネルギーを使いたい。

 

 

がんばっている人を見ると、

 

心がざわついて複雑な気持ちになる。

 

 

もっと自分にできることはないか、

 

自分の可能性を考える。

 

自分にしかできないことは何か、

 

未熟さに焦りを感じる。

 

どうすればあの人みたいにできるか、

 

こっそり憧れたりうらやんだりする。

 

 

なぜそんな気持ちになるのか……それは、

 

「主人公」として生きたいから、

 

自分の中の「限界」を越えたいから。 

 

リアルな社会で

主人公に立ちはだかる

 

限界という名の敵の正体は、

「情報爆発」

 

 

あなたが生きているこのリアルな世の中は、

 

映画やドラマのように単純ではありません。

 

 

食べていくことを考えないといけない。

 

まわりの人との関係も無視できない。

 

そして、進める道はいくつもある。

 

 

この世界で主人公として生きるには、

 

考えるべきことがたくさんあります。

 

 

特に、現代の社会には、

 

人間が処理できるよりはるかに多くの

 

情報や知識があふれています。

 

 

もっと勉強しないと、

 

もっと働かないと、

 

もっと優しくしないと、

 

もっとがんばらないと……

 

 

このままの発想だけでは、

 

何から手をつければいいかわからないし、

 

私たちの処理能力にも限界が出てきます。

 

 

どんなにがんばっても、

 

このままでは守りたいもの全部を

 

守ることができなくなってしまいます。

 

 

「情報爆発」に対抗できる、

 

新しい味方が必要です。

 

 

頭を働かせるばかりじゃなく、

頭の使い方を工夫する。

 

新しい味方の名前は、

『頭脳のケア』

 

 

知識や情報を取り入れるばかりでは、

 

脳の処理能力にすぐ限界がやってくる。

 

それなら、「逆転の発想」が大切です。

 

 

頭の中に取り入れるばかりではなく、

 

頭の中から取り出す。

 

頭を使い続けるばかりではなく、

 

頭を休める。

 

いつもと同じことばかりではなく、

 

いつもと違うことをする。

 

 

それが「頭脳をケアする」という発想です。

 

 

1.頭の中にある考えを「整理」して、

 

脳の処理能力を取り戻す。

 

2.自分を「定点観測」して、

 

気持ちの浮き沈みをコントロールする。

 

3.人から「客観性と多様性」を学んで、

 

自分の中の思い込みから抜け出す。

 

 

がんばり続ける「裏側」を見ることで、

 

新しいひらめきや充実感を手に入れて、

 

限界を超えた成果が出せるようになる。

 

 

それが、大事なものを全部守るために、

 

「頭脳のケア」ができることです。

 

 

 

「12の武器」を手に入れて、

 

情報爆発を乗り越えよう

 

 

頭脳をケアしていく中で、

 

人が限界を超えて成長する時には、

 

「4つのタイプの壁」が立ちはだかります。

 

(※10〜60代まで約500名を対象に

 

平均21ヶ月、最大64ヶ月に渡って調査)

 

 

1.アイデアの壁

 

・考えがまとまらない

 

・目標が見つからない

 

・計画が立てられない

 

 

2.パフォーマンスの壁

 

・やる気が出ない

 

・集中できない

 

・続かない

 

 

3.コミュニケーションの壁

 

・相手が理解できない

 

・会話が弾まない

 

・人前で話せない

 

 

4.ビジネスの壁

 

・働く意義が見出せない

 

・仕事の流れがわからない

 

・仕事の人間関係が難しい

 

 

これらの壁を乗り越えていけるように

 

少しずつ頭脳をケアしていけば、

 

私たちは大事なものを全部守る生き方を

 

自分の人生で実現することができます。


『頭脳のケア』で身につける

12の武器


【 レベル1:自分自身を知る 】

1.考えを整理する技術

2.やる気のメカニズム

3.コミュニケーションの基本



【 レベル2:自分をコントロールする 】

4.目標の見つけ方・定め方

5.行動と集中のメカニズム

6.会話をリードする技術



【 レベル3:一つ上を目指す 】

7.計画を立てる基礎知識

8.継続と習慣化の技術

9.スピーチの基礎技術



【 レベル4:自分を仕事で表現する 】

10.働くことの意義と楽しさ

11.マーケティングの基礎

12.マネジメントの基礎


 

あなたが守りたいものは何ですか?

 

何も犠牲にすることなく、

 

大事なものを全部守れるように、

 

まずは頭脳をケアする武器を手に入れよう!

 

 

【 『頭脳のケア』開催概要 】

 

日時:毎月1回、約2時間のセッションが基本

 

(日程は相談しながら調整します)

 

定員:1回あたり5名まで

 

(気分の良い交流を楽しみましょう)

 

場所:受講生に応じて調整

 

(オフィスは大阪高槻と京都亀岡に設置)

 

月謝:6,000円/月、5,000円/週

 

(体験1,000円、入塾金は月謝1ヶ月分)

 

その他:じゅくせい限定の勉強会・交流会あり

 

 (FacebookやLINEの専用グループも)

 


情報爆発の新しい時代へ、

旅に出るなら早めがいい。

今すぐご相談ください。


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


アクセス・お問い合わせ