企業のコミュニティづくりを応援します

 

 

「勉強を教えない塾」が、企業とタイアップ!

 

「生活のメンテナンス」でお伝えしている、

 

・立ち止まって考える時間

・本音を出せるコミュニケーション

・想いを表現する技術

 

…これらを企業経営やチームづくりに持ち込んで、

 

より充実した職場環境をつくるお手伝いをします。

 

 

 

『仕事の中心には、いつも「人間」がいる』

  

 

僕たちの仕事や生活は、

 

人によって作られ、人によって支えられています。

 

 

どんなに素晴らしい科学や技術の発達も、

 

それを扱う「人」の成長によって活かされるもの…

 

 

その「人」を大切にする生き方・働き方を

 

多くの人は目指しているはずなのに、

 

日常の忙しさや理不尽さで埋め尽くされると、

 

「人」を大切にすることがどうしても後回しになりがちです。

 

 

子どもに「人の大切さ」を伝えたいなら、

 

まずは大人の社会がそれを実現することから…

 

 

「勉強を教えない塾」では、

 

2013年より大人向けのサービスを開始し、

 

「子どもが憧れるような大人」を目指して

 

塾生たちと一緒に学び合い高め合ってきました。

 

 

そしてこの度、

 

その大人たちが働く社会をより充実させ、

 

「子どもが憧れるような会社」を目指して、

 

より多くの企業家の方々とも協力していくこととなりました。

 

 

『会社は、「人の想い」でできている』

 

 

素敵な想いを持って仕事を楽しむ大人が、

 

世の中にはたくさんいます。

 

 

でも、「想い」というものは目に見えないから、

 

言葉にはできてもなかなか伝わらない…

 

 

☆経営者の考えが現場に伝わるように

 

☆お客さんとのつながりを大切にできるように

 

 

☆現場で働く社員が仕事を楽しめるように

 

 

想いをカタチにするには、

 

ちょっと深く考えて創造性を働かせなくてはいけません。

 

 

その時にまさに効果を発揮するのが、

 

・立ち止まって考える時間

 

・本音を出せるコミュニケーション

 

・想いを表現する技術

 

…です!

 

 

企業の忙しい業務の中にも、

 

ちょっと立ち止まって「想い」を整理する時間を取り入れることで、

 

より効果的・効率的に企業の運営が進むようになります。

 

 

「勉強を教えない塾」の教育技術は、

 

子どもだけではなく、大人や企業にも使える実用的なもの…

 

 

仕事への想いが伝わるように、

 

働くことが楽しくなるように、

 

人と人がより深くつながれるように、

 

 

「勉強を教えない塾」もまた一企業として

 

「子どもが憧れるような会社」を目指してまいります!

 

 

株式会社福幸塾 代表取締役 福田幸志郎(じゅくちょう)