1477.会話をコントロールするヒント

【1日3分!人生を楽しむための勉強】

おはよう!じゅくちょうだ!

うちの塾にはコミュニケーションについて

学びたい人がたくさんいるんだけど、

メンテナンストレーナー養成講座でも

『会話のリード術』の単元は好評だ。


人との会話をいかに良い時間にするか、

相手任せにせずコントロールすることは大切だ。


今日はせっかくだから

その技術を少し紹介したい。

(あ、今回の会話の内容は空想であって

 実際の会話ではないのであしからず…)


会話のテクニック「フレーミング」

(解説:会話の枠や話題を限定することで、

 内容の濃い会話を生み出したり、

 会話や交渉を有利に進めたりする効果がある)


イワン「じゅくちょう、

 講座中にすみませんが、

 お手洗いに行ってもいいでしょうか?」


じゅくちょう「あと3分で休憩に入るから

 もう少しだけ待って」

(フレームその1「時間」

 時間制限によってこちらに有利な状況をつくる)


イ「いや、1分しか我慢できません」

(時間のフレームは短い方が勝つようになっている)


じゅ「ここの内容はこの講座の中で

 一番の核になる部分なんやけどなー」

(フレームその2「興味」

 興味はより強く人を惹きつける効果がある)


イ「じゅくちょうは生理現象を我慢させてまで

 人に無理をさせるような人ではないです」

(フレームその3「モラル」

 相手の良心に訴えることで相手の行動を誘導する)


じゅ「そのあとちょっとの忍耐力が

 イワンの次の成長につながると思う」

(フレームその4「ゴール」

 共通の目標は人を協力的にする)


イ「大事な内容だからこそ、

 じゅくちょうの話を集中して聞きたいんです」

(フレームその5「セーフティ」

 相手の立場を尊重することで相手の欲求を満たす)


…そんな会話してる間に、

とっくに3分くらい過ぎるけどな。

(そもそもそんな会話するか)


僕たちのコミュニケーションには

まだまだ秘密がたくさん隠されている。

(今回紹介したのは、

 9つある会話のテクニックのうちの1つだ)


使える知恵やテクニックを知ろうとせず、

性格や相性のせいにして

頭を使わないなんてもったいない。


ちょっとの工夫で会話は変わる。

会話が変われば人間関係が変わる。

人間関係が変われば人生が変わる。


すべての変化は自分から、

まずは学ぶことから始めよう。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆ メールマガジン運営責任者: 福田幸志郎(じゅくちょう)

◆ 運営元: 株式会社福幸塾

  〒569-1028 大阪府高槻市浦堂本町28-19
  メール: fukojuku@me.com
  ウェブ: www.fukojuku.com

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※メルマガを読んでみておもしろかったら、
ぜひ役立ちそうな人にも紹介してほしい。

(登録フォームはこちら)
 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSIRnMzbGou

(メルマガ解除フォームはこちら)
 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=HSIRnMzbGou

(過去の記事一覧はこちら)
 https://www.fukojuku.com/blog/

(ウェブサイトのトップページに戻る)
 www.fukojuku.com