1404.自分らしさを発揮する前に立ちはだかるもの

【1日3分!人生を楽しむための勉強】

おはよう!じゅくちょうだ!

先々週故障した愛車の流星号が、

今日ようやく帰ってくる。


人も物もしばらく関わってないと、

再会が妙に懐かしくなったり、

小さな変化にも気付けたりする。


毎週塾に来ていた高校生のマッサが、

部活や勉強とのバランスを考えて

月一のメンテナンスに切り替えた。


明日は10代限定のパーティをするから

奴のこの1ヶ月の変化が楽しみなんだけど、

その様子はメッセージのやりとりからも伝わってくる…


マッサ「パーティ行きますよー!」

じゅくちょう「うん、来ると思ってる」


マ「学食のメロンパン買い占めて持っていく」

(…参加者8人だけどな)


じゅ「そこはレッドブルやろ」

(10代のパーティにふさわしくねえよ)


マ「具体的に、

 何持ってくることを求めてますか?」


じゅ「一品持ち寄りに指定はないけど、

 みんなのセンスや偶然を楽しもう!」


マ「あー残念。

『大阪(高槻)の物件』とか言ってほしかった」


…人の傷えぐるんじゃねえ!


じゅ「お前、笑いのセンス磨いたな☆」


マ「笑いのセンスを伸ばすために

 勉強捨ててヤンキーになったから」


…勉強なめんな。

(お前も教えてねえじゃねえか)


じゅ「ヤンキー?」


マ「…授業中に携帯いじります」


…どんな可愛いヤンキーだ。


僕たちは変化して成長する生き物…だけど、

変化を周りの人に見せるには勇気がいる。


今までと違う自分を表現すると、

周りとの関係性が変わったり、

昔の自分を突きつけられたりして、

身近な人にほど伝わりにくい。


だいたいの場合、

自分は変化しても、

周りは変化しない。


変化を受け入れてくれるのは、

変化している人だけだ。


変化には痛みや不安が伴う。

だからこそ、

僕たちは成長することができる。


勇気を出して変化した者にしか見れない世界がある。


ストレスやプレッシャーを乗り越えて、

変化や成長を味わいながら、

一番輝ける自分を表現していこう。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆ メールマガジン運営責任者: 福田幸志郎(じゅくちょう)

◆ 運営元: 株式会社福幸塾

  〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
  メール: fukojuku@me.com
  ウェブ: www.fukojuku.com

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※メルマガを読んでみておもしろかったら、
ぜひ役立ちそうな人にも紹介してほしい。

(登録フォームはこちら)
 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSIRnMzbGou

(メルマガ解除フォームはこちら)
 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=HSIRnMzbGou

(過去の記事一覧はこちら)
 https://www.fukojuku.com/blog/

(ウェブサイトのトップページに戻る)
 www.fukojuku.com