1383.本当のコミュニケーション能力の高め方

【1日3分!人生を楽しむための勉強】

おはよう!じゅくちょうだ!

じゅくちょうは元英語教師なんだけど、

たまに英語指導で頼られることもある。


昨日もたまたま複数の人から

「英語が話せるようになりたーい」

みたいな相談を受けた。


よくあるリクエスト第1位は、

「英語話してみてください」なんだけど、

そういう時はちょっとした嫌味を込めて

こう言うようにしている…


「Why should I speak English to you?

 You can’t understand what I say, can you?」

(なんでお前に英語話さなきゃいけないんだよ。

 お前言ってることわかんねーだろ)


…しかし、それでも相手は理解できない。

(イヤな奴すぎるだろ)


英語っていうのは、

単語を覚えればいいってもんじゃない。

相手の感情や雰囲気を読み取って、

ニュアンス(感覚)で関わることが大切だ。


チェリー「前にイスラエルに行ったことがって、

 ヘブライ語は全然わかんないんだけど、

 2~3日いたら自分は話せなくても

 なぜかコミュニケーションはとれたの。


 だから英語って言葉じゃないのよ」


…まさしくその通りだ。


じゅくちょう「You are right!

 So you need not grammar,

 but nuance communication!」

(そうそう、

 だから必要なのは文法じゃなくて、

 ニュアンスで関わることなんだよ)


フーシャ「ふふふ…

 じゅくちょうそれ言ったら失礼ですよ」


チェ「え、何て言ったの?」


じゅ「え、失礼なこと言ったかな?」


フ「Glamour(グラマー:美貌)は

 あなたには必要ないとか…」


チェ「ちょっとどういうこと!?」


じゅ「僕が言ったのは、

『grammar(文法)は必要ない』ですから!!」


(…ニュアンス全然伝わってねえじゃねえか。

 ↑普段から嫌味なこと言ってるからだよ)


…「コミュニケーション力」はこうして磨かれる。


僕たちはすぐ答えやコツを知って

スマートに会話できるようになろうとする。


でも本当のコミュニケーションとは、

誤解や理解不足を乗り越えた先で

喜びを分かち合うものだ。

(今回の誤解だって、

 そのおかげでめちゃくちゃ爆笑したし、

 こうしてメルマガのネタにできた)


スムーズに会話できないことが

必ずしもすべて良くないとは限らない。


伝わらなかったり誤解されたりしながら、

僕たちは少しずつ想いを分かち合って、

コミュニケーション力をつけていく。


間違ったり恥をかいたりしたっていい。

少しずつ「分かち合う力」を磨いて、

本当の「人と関わる力」をつけていこう。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com


追伸:「勉強を教えない塾」には、

 子どもから大人まで幅広いタイプの

 人が集まるからこそ、

 コミュニケーション力が高まる。


 あなたも出会いの幅を広げて

 世界観や人生観を広げてみないか?


(塾の見学・体験は気軽にじゅくちょうまで)

 fukojuku@me.com


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆ メールマガジン運営責任者: 福田幸志郎(じゅくちょう)

◆ 運営元: 株式会社福幸塾

  〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
  メール: fukojuku@me.com
  ウェブ: www.fukojuku.com

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※メルマガを読んでみておもしろかったら、
ぜひ役立ちそうな人にも紹介してほしい。

(登録フォームはこちら)
 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSIRnMzbGou

(メルマガ解除フォームはこちら)
 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=HSIRnMzbGou

(過去の記事一覧はこちら)
 https://www.fukojuku.com/blog/

(ウェブサイトのトップページに戻る)
 www.fukojuku.com