1377.時間と人生の意外な関係

【1日3分!人生を楽しむための勉強】

おはよう!じゅくちょうだ!

やべえ…

これからトレーナー養成講座なのに、

準備がギリギリだ。

のんきに夏みかんむいてる場合じゃねえ…


でもこの季節のフルーツが大好きだ。

(いいから準備しろよ)


今朝は早起きしたはずなのに、

なぜ時間がないんだろう…


夏みかんをむくのはすぐできるし、

洗濯機はボタン1つで全自動、

筋トレも20回ずつx2セットなら知れてるし、

ジョギングも近所を走るだけ、

布団を干すのもゴミを出すのも一瞬…

(そら時間なくなるわ)


僕らは気付かないうちに

いろんなものに時間を使ってしまっている。


毎週塾に通っているじゅくせいたちには、

「1週間の時間の使い方」

を記録してもらってるんだけど、

そこでは不思議なことが起きる。


じゅくちょう「昨日の夕方、

 15~18時くらいって何してた?」

ジム「友達と帰ってました」


…3時間かけて帰るのか?


じゅ「帰ることに一番時間使ってたん?」

ジ「いや…ずっとおしゃべりしてました」


じゅ「じゃあお昼…12~15時頃は?」

ジ「ご飯食べてました」


…3時間も!?


じゅ「ご飯に一番時間使ったん?」

ジ「いや、学校で授業受けてました」


じゅ「昨日の朝は?」

ジ「寝ててゆっくり起きました」


…だから「何に一番時間を使ったのか」

って聞いてんだよ!!

(それとも3時間かけて起きたのか?)


僕らの記憶は、

「印象に残ったこと」にとらわれて、

「事実」を見落とすことがある。


「人生は、一番時間をかけたものになる」

というのが真実なら、

印象に残ったことだけで人生はつくれない。


どんなに素敵な体験をしたとしても、

日々の生活の過ごし方が適当なら、

人生も適当なものになる。

(残念ながら10代の難しいところは、

 昼間に意外といろいろがんばってるのに、

 夜や休日も親から追い詰められることだ)


一瞬の感動はきっかけにすぎない。

その後の人生を変えるのは、

日々の積み重ねにほかならない。


何に時間を使い、

何にエネルギーを使っているのか…

冷静に「事実」を把握しよう。


人生はウソをつかないのだから。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆ メールマガジン運営責任者: 福田幸志郎(じゅくちょう)

◆ 運営元: 株式会社福幸塾

  〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
  メール: fukojuku@me.com
  ウェブ: www.fukojuku.com

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※メルマガを読んでみておもしろかったら、
ぜひ役立ちそうな人にも紹介してほしい。

(登録フォームはこちら)
 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSIRnMzbGou

(メルマガ解除フォームはこちら)
 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=HSIRnMzbGou

(過去の記事一覧はこちら)
 https://www.fukojuku.com/blog/

(ウェブサイトのトップページに戻る)
 www.fukojuku.com