1297.人に伝える時に大切なこと

【1日3分!人生の役に立つ勉強】

おはよう!じゅくちょうだ!

そろそろ正月気分も抜けたきた頃だろうか?

ぼちぼち新年のスイッチを入れよう…


その前に、

あと5分だけ寝ようzzZ☆

(スヌーズ機能も真っ青だよ)


年末からお届けしているスピーチコンテストは

どうだったろう?

(現在のトップはコバーン…

 再生回数ランキングは1月31日まで)


動画一覧はこちらから

https://www.youtube.com/user/ko1s2r3

(じゅくちょうの過去の動画も見れる)


じゅくせいたちのスピーチを横目に、

じゅくちょうも今月は

人前で話す機会が2回ある…


1回は茨木の高校での講演会、

もう1回はカントの結婚式でのスピーチだ。


カント「僕の口から福幸塾の話をすると

 両家の親族に怪しまれるかもしれないので、

 うまく説明してください」


…そんなの簡単じゃないか。


「人生について学ぶ塾」だ!

(それが怪しまれる理由だよ)


カ「あと余興も何かお願いしたいんですが…」


…大丈夫、ちゃんと

水晶玉のパフォーマンスも用意してある!

(余計に怪しく思われるだろ)


じゅくせいたちにもシェアしてきた

スピーチの基本はしっかりおさえてるから、

基本に忠実にやるだけ…


「人生に役立つ勉強」とは、

まさにこういうことだ。

(そう、学んでも使えなければ意味がない)


人と関わる上で僕らに必要なのは、

実は「伝える力」じゃない。


相手の目線や世界観を知って、

相手にわかる方法で伝える

「伝わる力」だ。


『自分が伝えたいこと』と

『相手が理解できること』は

必ずしも一致しない。


基本的に、人は自分にしか興味がない。

誰もわざわざ他人の話を聞こうとは思わない。


思いつきで話して聞いてもらってるうちは、

優しいママに甘えているお子様と変わらない。


心から人のことを想い、

本当に相手の立場に立った伝え方ができてこそ、

僕たちは「社会で通用する大人」になれる。


自分が話すことばかり考えず、

相手を知ることを考えることが大切だ。


相手の関心や理解度を知り、

相手に伝わる方法で想いを伝えよう。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com


予告:新年度の新しいプログラムを

1月14日11時に発表するから、

お楽しみに☆

______________________

発行責任者: 福田幸志郎(株式会社福幸塾)
発行者住所:〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
連絡先: http://www.fukojuku.com
メールアドレス: fukojuku@me.com
______________________


(メルマガ登録の新規&変更はこちら)

 info@fukojuku.small.jp

・アドレス変更や知人へのご紹介にお使いください
・空メールをお送りいただくだけで登録が完了します


(メルマガ解除はこちら)

 del@fukojuku.small.jp

・一度で解除されますのでご注意ください


(過去の記事一覧はこちら)

http://www.fukojuku.com/blog/