2016年

11月

10日

1259.好き嫌いがあることの大切さ?

【1日3分!人生のメンテナンス】

おはよう!じゅくちょうだ!

じゅくちょうはチャラ男と仲が良いし、

人としてとても尊敬している。

だが、1つだけ人として許せない部分がある…


彼が「ねぎ」嫌いなことだ。

(人としてそれくらい許せよ)


最近、そんなチャラ男に理解者が現れた。

新しいじゅくせいのチャコだ。


チャコ「あいつら、辛いだけですよ」


…ねぎ好きのじゅくちょうとしては、

奴らを野放しにして世界を乱すわけにはいかない。


じゅくちょう「ねぎは世界を救うんだよ!」

シオレンジャー「ねぎの甘みがいいんですよ!」


…かくして

「オニオンズ」と「ネギライズ」の

仁義なき戦いが始まった。

(勝手にやってろ)


チャラ男「あいつら、

 すぐいろんなところに顔を出すから嫌なのよ!」


…口調がお姉系になっても気にしてはいけない。


じゅくちょう「時にピリッと、時に甘く、

 彼らの柔軟性から学べることがある!」


…啓発っぽくなっても気にしてはいけない。


チャコ「最近野菜が高騰してるからって、

 王将のホイコーローにねぎが入ってるんですよ。

 だったら量少なくていいですよ!」


シオ「あのねぎの茶色くて甘いのがいいの!」


…「そこは『飴色』って言え」

なんて突っ込んではいけない。

(味方と争っている場合じゃない)


チャラ男「僕の行きつけの松屋では、

 店員さんがわざわざ牛丼を

 『ねぎ抜き』にしてくれますからね!」


じゅ「ねぎの入ってない牛丼なんて…

 もっとしっかり野菜とれよ!」

(そこはねぎだけじゃカバーできねえよ)


チャラ男「焼き鳥のねぎまとかも、

 わざわざねぎ挟む意味がわからん!」


じゅ「だったらねぎまも

 ねぎ抜きにしてもらえばええやん!」


チャラ男「そこは『とりもも』頼むでしょ!」


…それは確かにその通りだ。

(勢いに押されてんじゃねえよ)


そんなわけで、続きは

鳥貴族で飲みながら話そう。

(一生やってろ)


…食べ物に好き嫌いがあるように、

僕たちの能力や性格だって好き嫌いがある。


嫌いなものをいちいち克服してたら、

人生を楽しめないまま時間だけが過ぎる。


まず僕たちに求められるのは、

「自分の好きなもの」を見つけることだ。

嫌いなものや苦手なことをどうにかするのは、

好きなものを極める途中にあるものだけでいい。


好きなものも見つけられずに、

嫌いなものばかり克服しようとしても、

結局自分が何したいのかわからなくなる。


まずは好きなものや得意なものを見つけて

自分らしさを発揮できるように、

日々の楽しいことをたくさん探していこう。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com


追伸:自分の好きと得意を見つけるには、

日々の生活を見直すことが大切だ。

今月の「生活メンテナンス」は今日の午後と、

14日19時半、13日16時、16日10時、

19日16時、20日13時、29日13時、

30日13時、あと12月1日15時だ。


気持ちを落ち着けて自分と向き合い、

自分だけでは気付けない自分の良さに

気付ける時間にしよう。


予約は今すぐメールで(仮予約も可)

fukojuku@me.com


【「このままでいいのか?」と思った時に読むメールセミナー】

https://peraichi.com/landing_pages/view/fukojukumailseminar

(毎晩9時にお届け、全7回、無料)

______________________

発行責任者: 福田幸志郎(株式会社福幸塾)
発行者住所:〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
連絡先: http://www.fukojuku.com
メールアドレス: fukojuku@me.com
______________________


(メルマガ登録の新規&変更はこちら)

 info@fukojuku.small.jp

・アドレス変更や知人へのご紹介にお使いください
・空メールをお送りいただくだけで登録が完了します


(メルマガ解除はこちら)

 del@fukojuku.small.jp

・一度で解除されますのでご注意ください


(過去の記事一覧はこちら)

http://www.fukojuku.com/blog/