2016年

10月

24日

1247.自由に生きなければいけない理由?

【1日3分!人生のメンテナンス】

おはよう!じゅくちょうだ!

今日は芦屋のイワン宅で

このメルマガを書いている…


昨日は「熊野→亀岡→芦屋」の大移動…

だけど、そのうちこれが

「トリノ→カメルーン→アジア」

の大移動に変わるんだろう。

(似た国名や地名を見つけてドヤ顔するな)


最近は一人旅に加えて、

いろんなじゅくせいと一緒に

各地を旅することを夢見ている…

(だから、仕事や生活の限界を超えて、

 ワクワクしながら生きていけるように、

 一緒にチャレンジしよう!)


旅をすると、行き先の楽しみはもちろん、

車中・道中の会話も「セッション」になる。


じゅくちょう「最近どうなん?」

コバーン「いやー実は僕、◯◯で…」

じゅ「実は俺も◯◯で…」

コ「それは全国展開の話並みにおもしろいですね!」

じゅ「コバーンの◯◯も意外やなー!」

コ「◯◯が□□になって、△△で…」

(わかるか)


じゅ「いろんなところを旅しながら、

 各地にじゅくせいが増えるって楽しいよなー」

チャラ男「ほんま楽しいっすね!

 これからどんな仲間ができてくるんでしょう」

じゅ「福幸塾の良いところって、

 上下関係とかあまりないところやん?

 年齢や肩書きにとらわれず、

 子ども心を持った人と出会いたいね!」


チャラ男「そうですね、社長!」

(思いっきり上下関係じゃねえか)


じゅ「今日は泊めてもらってありがとう!」


イワン「いえいえお気軽に^^

 あ、僕は疲れたので先に寝ます」


(…お、おやすみ…グスン)


やってみたいことや興味があることがあるのに、

職場や家庭を言い訳にしていては、

同僚や家族だって楽しくない。

(自分のせいで誰かが犠牲になっているなんて

 誰も嬉しいはずがない)


大切な人を想うからこそ、

僕たちは自由に生きなくちゃいけない。

自由に生きてこそ、

周りの人への感謝も生まれる。


限界を作って思考が停止してしまうより、

「どうすればそれができるか」を考え続ける…

僕たちには、考える頭がちゃんとある。


どうしていいかわからなくていい。

大切なのは、ただ希望を持ち続けること、

すぐに答えが出なくても諦めないこと。


「どうすればできるか?」

「どうすれば楽しくなるか?」


考え続けることを大切に、

理想を持って生きていこう。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com


追伸:「できたらいいな」と思うことは、

 とにかく語ってみることが大切だ。

 ただ、ヘタに周りの人に話しても

 理解されなかったり反対されたりするから、

 まずは話しても問題なさそうなところで…

 福幸塾がそんな場所であれたら嬉しい。


 相談はお気軽にこちらまで。

 fukojuku@me.com


【「このままでいいのか?」と思った時に読むメールセミナー】

https://peraichi.com/landing_pages/view/fukojukumailseminar

(毎晩9時にお届け、全7回、無料)

______________________

発行責任者: 福田幸志郎(株式会社福幸塾)
発行者住所:〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
連絡先: http://www.fukojuku.com
メールアドレス: fukojuku@me.com
______________________


(メルマガ登録の新規&変更はこちら)

 info@fukojuku.small.jp

・アドレス変更や知人へのご紹介にお使いください
・空メールをお送りいただくだけで登録が完了します


(メルマガ解除はこちら)

 del@fukojuku.small.jp

・一度で解除されますのでご注意ください


(過去の記事一覧はこちら)

http://www.fukojuku.com/blog/