1164.人との出会いから生まれるもの?

【1日3分!人生のメンテナンス】

ごきげんよう!じゅくちょうだ!

昨日に引き続き、

今日のパーティの準備で

バタバタ走るよバタ子さん♪

(…ちょっと気がどうかしてる)


詳しい全貌は、

明日のメルマガでお伝えするけど、

水面下で動いてきたプロジェクトが

ようやく形になるからお楽しみに☆


ちなみに今日は、

うちのチャラ男の誕生日…

せっかくだから今日は少し、

彼との出会いのエピソードを紹介しよう。


チャラ男と出会ったのは2年前、

フェイスブックにやたら熱いメッセージが

届いたのが始まりだった。


当時、いろんな人から

「会って話を聞かせてほしい」

という依頼があったものの、

じゅくちょうは塾を会社にしたばかり…


毎日3~4コマ×2時間の授業をしながら

経営も考えていた身としては、

他人の相談まで受ける余裕はなく、

すべて断っていた。


そんな中、直感的に会ってみたい

と思ったのが彼だった。


実際に会って直感は的中、

生い立ちから挫折、

これからへの想いまで、

あまりに感覚が近すぎて感動した記憶は

今も色褪せていない。


今すぐにでも

「一緒に事業をしよう!」

と言いたかったものの、

じゅくちょうが彼に伝えたのは、


「次の塾生募集は、10月なんだ…」


思いつきには意外と慎重なじゅくちょうだけど、

内心はすごくもどかしかった。


それでも彼は10月になってすぐに入塾、

仕事の激務のかたわら、

毎週のように塾に通ってくれた。

福幸塾の経営が悪化した時も、

事業のこれからについて考える時も、

一人の塾生という枠を越えて、

彼は行動を共にしてくれた。


気を遣う性格のじゅくちょうとチャラ男が、

ただお互い独立するだけでなく、

一緒にビジネスをしていこうと

誓い合うまでには実に

出会ってから1年以上もかかった。


これからが本当の始まりではあるけど、

きっと「人生を共にする仲間」とは、

こんな関係を言うんだろう。


まだまだ粗削りな僕たちではあるけど、

これから彼と共に事業を広げていけることが

楽しみでならない。


30歳の誕生日おめでとう。

そして、

これからますます共に高め合い、

助け合っていけることを楽しみにしている。


じゅくちょう

www.fukojuku.com

______________________

発行責任者: 福田幸志郎(株式会社福幸塾)
発行者住所:〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
連絡先: http://www.fukojuku.com
メールアドレス: fukojuku@me.com
______________________


(メルマガ登録の新規&変更はこちら)

 info@fukojuku.small.jp

・アドレス変更や知人へのご紹介にお使いください
・空メールをお送りいただくだけで登録が完了します


(メルマガ解除はこちら)

 del@fukojuku.small.jp

・一度で解除されますのでご注意ください


(過去の記事一覧はこちら)

http://www.fukojuku.com/blog/