気遣いの前に大事なもの?

【1日3分!人生のメンテナンス】

おはよう!じゅくちょうだ!

先日の授業で、気になったことがあった…


じゅくちょう「ショーン、お土産どうぞ」

(メルマガの間違い探しの参加賞として、

 神戸スイーツのお土産☆)

ショーン「ありがとうございます」


ジム&ケント「…」

じゅ「お前たちにはないよー♪

 ちなみに、メルマガ読んでだ?」

ジム「…読んでないっす」

ケント「読みましたが、返してないです」


…そうか、読んでないか…しゅん(.. )

(地味に傷ついてんじゃねえよ)


じゅ「世の中ってのは、

 アンテナを張ってる奴が有利になる。

 ただ、賞味期限が短くて

 他の人に配れないから…どうしたい?」


ケ「じゃあ、僕がいただきます」

(世の中なめてんのか)


ジ「まあ、メール読んでなかったので…」

じゅ「ジム、それでいいのか!?」

ジ「だって悪いのは自分だから…」

じゅ「ケント、この姿勢についてどう思う?」

ケ「まあ…確かにそうですね…」

じゅ「じゃあこれは俺が食べる」

ジム&ケント「…」


じゅ「…そうじゃねえんだよ!!

 俺、悪者みたいじゃねえか!!

 欲しいのか欲しくないのか、どっち!?」

ジム&ケント「…ほしいです」


じゅ「だったら、どこまでその気持ちを

 持ち続けられるかが大事なんだよ!

 遠慮したら手に入るのか!?

 遠慮したら理解してもらえるのか!?」

(…落ち着け、修造)


ジ「でも、自分ができてないし…」

じゅ「できてないからって遠慮してたら、

 やりたいことなんてできないんだよ!

 できてない中をどう工夫するか、

 強い願望や熱意が人を動かすんだよ!」


ジ「…じゃあ、食べたいです!」


じゅ「…ダメだ!!!」

(悪魔か)


…「遠慮は美徳」みたいな感じ、

確かにマナーとして大事なんだろうけど、

あなたはどう思う?


じゅくちょうはいろいろと疑問を感じる。


遠慮して優しくされるのは、

小柄のポニーテールだけだ。

(それは自分の好みだろ)


遠慮して相手に気を遣っても、

良い人とは思われるかもしれないけど、

より良い関係を築けるとは限らない。


自分の魅力が伝わって良い関係を築くには、

配慮や気遣いの前に大事なものがある。


それは、情熱や願望だ。


周りの人の心を打つような、

強い願望や情熱があってこそ、

人は人に惹きつけられ、

そこに配慮や気遣いがあることで、

より素敵な人間関係は築かれていく。


情熱も願望もないまま、

配慮や気遣いをしても、

ただ距離を感じるだけだ。


何かができるから魅力的なんじゃない。

たとえ何もできなくても、

熱意があるから魅力的なんだ。


できないことに遠慮する必要はない。

やりたいことに全力になれば、

人はその姿勢に惹きつけられてくる。

(結果、できなかったこともできるようになる)


情熱を持って生きよう。

熱意で人を惹き付けよう。


僕たちの魅力は、

能力ではなく、

本気の気持ちに宿る。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com

______________________

発行責任者: 福田幸志郎(株式会社福幸塾)
発行者住所:〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
連絡先: http://www.fukojuku.com
メールアドレス: fukojuku@me.com
______________________


(メルマガ登録はこちら)

 info@fukojuku.small.jp

・アドレス変更や知人へのご紹介にお使いください
・空メールをお送りいただくだけで登録が完了します


(過去の記事一覧はこちら)

http://www.fukojuku.com/magazine/


(メルマガ解除はこちら)

 del@fukojuku.small.jp

・空メールをお送りいただくだけで解除が完了します


【福幸塾からのお知らせ一覧】

LINE@: http://accountpage.line.me/myj9084c

Facebook: https://www.facebook.com/fukojuku2519

お問い合わせ: fukojuku@me.com