刺激を味わうステップ?

【1日3分!人生のメンテナンス】

おはよう!じゅくちょうだ!

今日は実力セミナー5月のまとめ…

「やる気の引き出し方」について、

全体像をしっかり整理する。


ゴールデンウィークが明けての1ヶ月、

やる気が出なくなる人は少なくない。

そして退屈や欲求不満が溜まって、

新しい刺激がほしくなっていく…


今日は思春期の行動パターンから、

「刺激を味わうステップ」をお伝えしよう。


モネ「なあみんな、最近恋愛ネタないの?」

…思春期に、恋より強い刺激はない。


ケント「いや、特に…」

…しかし空回りすることも多い。


じゅくちょう「そもそも恋する気ある?」

ジム「ないわけじゃないけど…」

モネ「がんばって恋して私を楽しませてよ」

…他人の恋する目的なんて気にしない。


シェン「僕はあれば先に話しますからね」

じゅ「シェンは恋の先の話が好きやもんな」

…彼らの本当の興味は、

恋の先の先の先くらいにある。


ジ「まずは友達つくらないと…」

…恋愛以前の問題だったりもする。


ケ「まずは1コ下からどう?」

ジ「ダメに決まってるだろ」

じゅ「なんで1コ下なん?」


ケ「…学年じゃなくて、次元の話」

…アニメという手もある。(ねえよ)


…他人のネタは、自分の刺激。

多くの人は、

「刺激を与えてもらうこと」に慣れすぎている。


スマホのゲーム、友達との会話、

新聞、本、マンガ、映画、ネット…

誰かが作り出したものによって

楽しませてもらうことに慣れすぎている。

(そして、与えられ慣れているという事実に

 気付くことすらなく日々過ごしている)


でも、与えられることに慣れすぎると、

本当に大切な刺激を味わうことが難しくなる。


本当の楽しさや感動といった刺激とは、

外側から与えられるものじゃなく、

自分の心の内側から湧き起こってくるものだ。


心で感じ、頭で考え、体で表現する…

想像によって僕たちは刺激を創造する。


与えてもらうだけの刺激は薬物中毒、

誰かが与えてくれないと楽しめないなら、

それはエサを与えられる家畜と同じだ。


僕たちには、何もないところから

楽しみや感動を生み出す力がある。

自分で自分を楽しませる力がある。

それを使わないなら、人である必要はない。


まずは、与えられることから離れて、

自分の心で感じることから始めてみよう。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com

______________________

発行責任者: 福田幸志郎(株式会社福幸塾)
発行者住所:〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
連絡先: http://www.fukojuku.com
メールアドレス: fukojuku@me.com
______________________


(メルマガ登録はこちら)

 info@fukojuku.small.jp

・アドレス変更や知人へのご紹介にお使いください
・空メールをお送りいただくだけで登録が完了します


(過去の記事一覧はこちら)

http://www.fukojuku.com/magazine/


(メルマガ解除はこちら)

 del@fukojuku.small.jp

・空メールをお送りいただくだけで解除が完了します


【福幸塾からのお知らせ一覧】

LINE@: http://accountpage.line.me/myj9084c

Facebook: https://www.facebook.com/fukojuku2519

お問い合わせ: fukojuku@me.com