人を思い通りに動かす秘訣?

【1日3分!人生のメンテナンス】

おはよう!じゅくちょうだ!

今日は舞鶴出張講座…いつも通り、

西舞鶴のモスバーガーで

このメルマガを書いている。


舞鶴が人に優しい地域なら、

そろそろモスで働いてるおばちゃんからも

「あ、毎月第3~4木曜に来てる人や」

って認識される頃じゃないだろうか…

舞鶴が人に優しい地域なら、

舞鶴で福幸塾が有名になる日も近い。

(地味な挑発をするな)


亀岡市・南丹市では4月から、

福幸塾から発行している『子ども新聞』が

毎月15日に新聞折込に入っている。

(15日付の京都・朝日・毎日・日経の

 各新聞をチェックしてみてほしい)


昨日、新聞担当のはかせから聞いたんだけど、

どうやら一部の小学校では子ども新聞が

国語の授業の教材に使われているらしい…


(ちなみに手元に子ども新聞がない人には、

 先月号までならここで読める

 http://hakase.asia/kodomo.html

 はかせ、今月号の更新を早く)


先生「新聞の読み方について、

 まずタイトルはどこですか?」

児童「かめおかこども新聞でーす!」

先「はい、そうですね。

 では、発行しているところはどこですか?」

児「ふこうじゅくでーす!」


…学校が人に優しい場所なら、

福幸塾が義務教育に採用される日も近い。

(だから地味な挑発をするなって)


はかせ「あと、昨日電話で

 問い合わせが2件あったんだけど…」

じゅくちょう「お、何か相談とかですか?」


は「『明智かめまるを探せ』のコーナーの

 かめまる君が見つかりませんって…」


…労力かけるとこ、そこか?

(みんなも『こども新聞』を見て、

 かめまる君を探してみよう)


人は、おもしろいものに労力を注ぐ。


おもしろければ本や新聞だって読むし、

おもしろければ話だって聞くし、

勉強や仕事だってがんばれる。


おもしろくもないものを

将来のためとか理由をつけてごまかして、

無理強いしようとするから面倒になる。


おもしろくできない自分の実力不足を

強制力で正当化してはいけない。


僕たちが考えるべきは、

「どうやって相手を動かすか」じゃなく、

「相手が自分から動くように、

 どうやっておもしろくするか」だ。


どんなことにも、おもしろい部分は

1つか2つは必ずあるし、

人と違う楽しみ方だってある。

(じゅくちょうにとっては、

 多くの大人が面倒だと思いやすい

 思春期との関わりが最高におもしろい)


退屈さや困難さに惑わされず、

頭を使っておもしろさを演出し、

面倒を乗り越えていこう。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com


追伸:いかにおもしろくするか…ってことで、

『元教師たちが教える

 学校の先生との賢い付き合い方講座』を

 今月29日(日)に開催する。


・小学校と中学校の先生の対応の違い

・先生が気に入る生徒、嫌う生徒の特徴

・厳しい先生とゆるい先生、それぞれの本音


など、現役の先生には言えなくて、

塾の先生にはわからない、

目からウロコの情報が満載だ。


日時:5月29日13~15時

受講費:4000円/1家族

場所:福幸塾


↓興味がある人はこちらまで↓

 fukojuku@me.com

______________________

発行責任者: 福田幸志郎(株式会社福幸塾)
発行者住所:〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
連絡先: http://www.fukojuku.com
メールアドレス: fukojuku@me.com
______________________


(メルマガ登録はこちら)

 info@fukojuku.small.jp

・アドレス変更や知人へのご紹介にお使いください
・空メールをお送りいただくだけで登録が完了します


(過去の記事一覧はこちら)

http://www.fukojuku.com/magazine/


(メルマガ解除はこちら)

 del@fukojuku.small.jp

・空メールをお送りいただくだけで解除が完了します


【福幸塾からのお知らせ一覧】

LINE@: http://accountpage.line.me/myj9084c

Facebook: https://www.facebook.com/fukojuku2519

お問い合わせ: fukojuku@me.com