想いを込めた会話?

【1日3分!人生のメンテナンス】

おはよう!じゅくちょうだ!

メルマガの発行回数が

ちょうど1111だからといって、

別にじゅくちょうはなんとも思ってない。

(だったらその発言は必要ないだろ)


GWは楽しめただろうか?

福幸塾には、GWの休みを利用して

福島県のじゅくせいのジミーが来訪、

昨日までたっぷり講座を受けて帰っていった。

(数日間お疲れ様&次回もお楽しみに!)


せっかく来てくれたしと思って、

おとといの夜は塾に宿泊、

一緒にいろんな話ができた。


じゅくちょう「福島に帰ってから、

 どんなことに挑戦していきたいですか?」


ジミー「自分の話ばっかりしてしまって、

 つい話が長くなるんで、

 そこんとこどうにかしたいんですけど、

 それになかなか気付けなくて、

 直そうと思ってもなかなか直せなくて、

 周りにこういう話ができる人も少なくて、

 だから…」


…それだよ、それ。

(最後まで聞け)


じゅ「話はなるべく『一言』で済ませた方が、

 聞き手が続きを返してくれるから

 会話のキャッチボールになりやすいですよ」


ジ「やってみようと思うんですけど、

 やっぱりそれって難しいですよね?

 だからこうして言ってもらえる方が、

 自分にとってはすごくありがたくて…」


…はい、そこまでー。

(だから最後まで喋らせろって)


じゅ「なるべく『一言』で伝えられるように、

 少しずつトレーニングしていきましょう!」


(…翌日の『計画メンテナンス』にて…)


じゅ「この1ヶ月を振り返ってみて、

 感想はどうですか?」



ジ「…アガッテ、サガッタ」


…『カタコト』じゃねえよ。

(外国人か)


考えて話せてる人なんてほとんどいない。

多くの人の話は「思いつき」でしかない。

(どこかのニュースや他人のうわさ話を

 リピート再生しているにすぎない)


だからこそ、「考えて話せる人」が引き立つ。

お互いが相手のことを考えて話すからこそ、

素敵な会話のキャッチボールは成り立つ。


聞き手を喜ばせる会話は?

聞き手に勇気を与える言葉は?

聞き手が話したくなる心がけは?


少し立ち止まって想いを込めることで、

僕たちの言葉には「パワー」が宿る。

(「言霊(ことだま)」っていうだろう?)


人を退屈させたり傷つけたりするか、

人を喜ばせたり元気付けたりするか…

あなたはどっちが良い?


想いを込めた会話を大切に、

あなたとの会話は

もっと愛と勇気に満ちたものになる。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com


追伸:会話や会議がうまくなりたい人は、

 6月から、第3期の

 『会話コーディネーター養成講座』も始まる。

 興味がある人はこちらのページも見ておくといい。

http://www.fukojuku.com/トレーニング講座/会話コーディネーター/

______________________

発行責任者: 福田幸志郎(株式会社福幸塾)
発行者住所:〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
連絡先: http://www.fukojuku.com
メールアドレス: fukojuku@me.com
______________________


(メルマガ登録はこちら)

 info@fukojuku.small.jp

・アドレス変更やお知り合いへのご紹介にお使いください
・空メールをお送りいただくだけで登録が完了します


(メルマガ解除はこちら)

 del@fukojuku.small.jp

・空メールをお送りいただくだけで解除が完了します


【福幸塾からのお知らせ一覧】

LINE@: http://accountpage.line.me/myj9084c
 (10代向け、自立のための考え方や知恵を伝授)

Facebook: https://www.facebook.com/fukojuku2519
 (福幸塾のリアルタイム情報や授業の様子を公開)

twitter: https://twitter.com/fukojuku
 (じゅくちょうの独り言)