社会に適応することの真実?

【1日3分!人生のメンテナンス】

おはよう!じゅくちょうだ!

昨日は定員いっぱいの計画力養成講座、

初受講の人とベテランの人が混ざって、

大人同士で楽しいひと時になった。


じゅくちょう「今日の計画力は

 ぜひベテランの方々にこれまでの経験を

 シェアしてもらいましょう」


モコ「子どもがインフルエンザで、

 しばらく振り返りができてませんが、

 まあなんとかやってます」


…適当か。

(振り返りの意味…しゅん(.. ;))


ナミ「(…ガチャ)遅れてすみません!」


…論外だ。

(計画力の意味…しゅん(.. ;))


フィラ「いや~じゅくちょうの計画力に

 2~3ヶ月来てないので…

 私は、はかせのコミュニケーションを

 学びにここへ来てますから…」


…地味に傷つく言い訳をするな。

(福田の「福」に、幸志郎の「幸」で、

「福幸塾」なんだけどな…しゅん(.. ;))


どうやら福幸塾に慣れてくると、

いろいろがんばる気をなくしたり、

他人に対して適当になったりするらしい…


最初は講座開始の30分前に来ていた人が、

講座開始の3分前に来るようになったり、

遅刻しても開き直って

「いつも通りの福幸塾時間ですね」

の一言で済ませたり、

(そんな時間ねえよ)


とにかく自分の基準で行動するようになる。

これは由々しき大問題だ…


と思ったら、実はそうじゃない。


僕たちは子どもの頃から

「社会に合わせて生きるように」

いろいろ厳しく教育されてきたけど、


「自分」を持たない人間が社会に出ても、

社会に流されて生きることしかできない。

「流されること」と「合わせること」は違う。


社会とは、「個人の集合体」だ。

魅力的な個人が集まってこそ、

合わせるに値する社会が生まれる。

魅力のない個人が集まっても、

そんな社会に合わせなきゃいけない理由はない。


僕たちが大切にすべきことは、

魅力のない人に流されることや

自分を押し殺すことじゃない。

自分自身の魅力を高めて、

魅力ある人とつながりを築き、

魅力あふれる社会をつくっていくことだ。


そのためには、

まずは自分のことを知り、

自分なりの基準や価値観を持ち、

自分の魅力を高めていくことが大切だ。

(失敗も遅刻も、

「今の自分」を知る良いヒントになる)


人に流されるばかりが人間じゃない。

僕たちには、自分で感じ、自分で考え、

自分で自分を高めていく能力がある。


自分のペースを大切に、

自分の魅力を高め、

自分を確立していこう。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com


追伸:自分を責めやすい人のために、

 「責任」についてブログにまとめてみた。

 勉強や参考になれば嬉しい。

http://www.fukojuku.com/2016/03/29/背負わない方がいい責任/

______________________

発行責任者: 福田幸志郎(株式会社福幸塾)
発行者住所:〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
連絡先: http://www.fukojuku.com
メールアドレス: fukojuku@me.com
______________________