2016年

3月

10日

小学生の夢から学べること?

【1日3分!人生のメンテナンス】

おはよう!じゅくちょうだ!

最近、水曜日の小学生クラスを再開した。


(去年、事業が思いっきり傾いて、

 思春期の人数が激減したから、

 小学生クラスは1つにしてたんだけど、

 うれしいことにこれからの福幸塾を

 頼ってくれる人がまた増えている…

 今までを支えてくれてる人たちと共に、

 心からありがとう)


新しく塾に入ったコービーと、

まだ体験で来ているウノ、

夢いっぱいの小学生2人で、

関わっているこちらも勇気をもらえる。


ウノ「最近リフティングがんばってるけど、

 なかなかうまくいかへんねん」


じゅくちょう「どれくらいできるん?」


ウ「1000回くらいしかできひん…」


…ケンカ売ってんのか。

(↑じゅくちょうは100回くらい…)


コービー「最近学校が全然おもんない」

じゅ「勉強がイヤ?」

コ「カンタンすぎてヒマ」


…嫌味か。


じゅ「それぞれサッカーとか勉強とか、

 自分ががんばりたいものがあるわけやけど、

 それを続けていった先で

 どんな結果が得られると思う?」


コ「東京大学」

ウ「なでしこジャパン」


…お前ら、天才か。


彼らの自信から、

僕たち大人が学ぶべきことは多い。


現実的に考えているだけでは、

発想は広がらないし、行動も変わらない。

大きな夢を描いて、あれこれ工夫するから、

発想や行動が磨かれてきて、

人生は良い方向に変わっていく。


根拠のない自信に、

根拠を求める必要はない。

ただ理想を大きく描いて、

少しずつ現実と結びつけていけば、

根拠はあとからついてくる。


僕たち大人がすべきことは、

彼らを諦めさせることでもなければ、

現実や身の程を知らせることでもない。


彼らのように夢をもって挑戦しつつ、

お互いが夢に近づけるように、

ともに現実の壁を打ち破っていくことだ。

(現実を突きつけるのは洗脳、

 現実を打ち破るのが教育、だ!)


誰だって、大きな夢を持っていいし、

バカげた夢を語ってもいい。

(じゅくちょうだって、

 4年後にはヘリコプターで出社したい)


大きな理想を描きながら、

日々の生活を少しずつ積み重ねる…

トレーニングとメンテナンスの繰り返しが、

夢を現実にする。


大きな理想を描きながら、

今日も1日をしっかり楽しもう。

今日という日を、

夢につながる最初の1日にしよう。


今日も1日楽しんで☆

じゅくちょう

www.fukojuku.com


追伸:もしあなたが、

「夢を否定してるわけじゃなく、

 どれだけ真剣に考えているのか知って、

 可能な限り応援したいんです」

 って言われることがあれば、


「人の夢を気にする前に、

 自分自身の夢を真剣に考えたら?」

 って言い返してあげればいい。

(自分が夢を持ってたら、

 夢への本気度なんか聞かなくてもわかる)


というわけで、夢について語りたい人は

12日の交流パーティへ来るといい。

(どんな誘い文句だ)


申込先 → fukojuku@me.com

______________________

発行責任者: 福田幸志郎(株式会社福幸塾)
発行者住所:〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
連絡先: http://www.fukojuku.com
メールアドレス: fukojuku@me.com
______________________


(メルマガ登録はこちら)

 info@fukojuku.small.jp

・アドレス変更やお知り合いへのご紹介にお使いください
・空メールをお送りいただくだけで登録が完了します


(メルマガ解除はこちら)

 del@fukojuku.small.jp

・空メールをお送りいただくだけで解除が完了します


【福幸塾からのお知らせ一覧】

LINE@: http://accountpage.line.me/myj9084c
 (10代向け、自立のための考え方や知恵を伝授)

Facebook: https://www.facebook.com/fukojuku2519
 (福幸塾のリアルタイム情報や授業の様子を公開)

twitter: https://twitter.com/fukojuku
 (じゅくちょうの独り言)