仕事をすることの意味?

【1日3分!人生のメンテナンス】
おはよう!じゅくちょうだ!
昨日から3月、あなたの今月の目標は?
星の動きによると、(どこの占い師だ)
今日からの1週間は1ヶ月の、
今日からの2週間は1年の、
目標や方針を定めるのが良いらしい。
今月も、楽しい1ヶ月にしよう。
昨日、1泊2日の休暇から帰ってきて、
今日からまた仕事の日々が始まる。
最近じゅくちょうは、
仕事をするのが楽しくてしかたがない。
「仕事」というと、一部の人は
「面倒だけどしなきゃいけないもの」
みたいに思ってるかもしれないけど、
仕事の本質はそうじゃない。
今回旅行に出かけて気付いたのは、
いろんな人の仕事のおかげで
僕たちは自由を楽しめるということだ。
(…スノボに行って何考えてたんだ)
夜中に車で高速道路を走れば、
何百台ものトラックがいろんな製品を運んでるし、
雪で車や道が埋もれていたら、
除雪車が雪を上手に取り除いてくれる。
何もない奥深い雪山にいるはずなのに、
リフトやロッジがあるだけで
安心して大自然を楽しめる。
僕たちの気付いてないところでは、
レジャー用品を開発してる人がいて、
トラックも除雪車もスキー場も、
作ったり用意したりしてくれてる人がいる。
そして、それは日用品も同じで、
誰かが仕事してくれてるからこそ、
僕たちは人生を楽しませてもらえる。
日々似たような生活を繰り返していると、
仕事をしてる間は不自由な気がするし、
生活のために仕事をしている気がする。
でも、本当に大切なことは、自分の仕事が
誰かの人生に貢献してるということだ。
自分が仕事をするから、
誰かが人生を楽しめるし、
誰かが仕事をするから、
自分が人生を楽しめる。
仕事をすることは、
自分も含めたみんなを自由にすることだ。
仕事をしないことは、
自分も含めたみんなを不自由にすることだ。
働かないことの問題点は、
生活が成り立たないことではなく、
自分も他人も不自由になることにある。
自分を活かすことで他人が活きる。
他人が活きることで自分も活きる。
そうやって僕たちは人生をつくりあげていく。
仕事とは、
生活を守るための手段である以上に、
人を活かすための手段である。
人を活かせる貴重な人になるからこそ、
自分が守られるようになるだけだ。
儲かるからとか楽だからとか、
自分の都合だけで仕事をしていて、
自分が活かされるはずがない。
誰に貢献して、誰を自由にするのか、
仕事の本質を見直してみることで、
僕たちはもっと自由になれる。
今日も仕事を楽しもう。
仕事につながることをしよう。
誰かの自由に貢献しよう。
その先に、僕たちの自由はある。
今日も1日楽しんで☆
じゅくちょう
追伸:仕事も生活も含めて、
 今年一年をしっかり考えたい人のために、
 「何をどう考えればいいか」がわかる
 チャンスを用意している。
 6日、高槻出張講座(10〜12時、13〜15時)
 9日、京北町出張講座(10〜12時、13〜15時)
 12日、福幸塾交流パーティ(18〜21時)
 25日、福幸塾交流ランチ会(11〜14時)
 22日、26日、28日、30日、31日、
 計画力養成講座
(4月より、「生活メンテナンス」に名称変更)
1年をただ予定に追われる日々にしないためにも、
立ち止まって考える時間を大切に☆
申し込み&問い合わせはこちら
______________________
発行責任者: 福田幸志郎(株式会社福幸塾)
発行者住所:〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
連絡先: http://www.fukojuku.com
メールアドレス: fukojuku@me.com
______________________
(メルマガ登録はこちら)
・アドレス変更やお知り合いへのご紹介にお使いください
・空メールをお送りいただくだけで登録が完了します
(メルマガ解除はこちら)
・空メールをお送りいただくだけで解除が完了します
【福幸塾からのお知らせ一覧】
 (10代向け、自立のための考え方や知恵を伝授)
 (福幸塾のリアルタイム情報や授業の様子を公開)
 (じゅくちょうの独り言)