空想のもつ驚くべき効果?

【1日3分!人生のメンテナンス】
おはよう!じゅくちょうだ!
朝から給湯器が故障して、
水温もテンションも上がらない…
(うまいこと言ってる場合か)
夜までに直ってくれないと、
お風呂難民になってしまう…
ということで、読者のお前たちにお願いがある。
夜10時くらいにお風呂難民を
受け入れてくれる心優しい人がいたら、
じゅくちょうに連絡させてあげ…いや、
連絡ください。お願いします。
(困った時だけ行儀よくするな)
昨日の授業で、
「やる気」について話をする時間があった。
チェルシー「来年受験やし、
 今のうちからがんばろうと思ってるけど、
 あんまやる気湧いてこーへんねん…」
(世の中高生によくあるやつだ)
じゅくちょう「ワクワクしてたら、
 行動できない方が難しいんやけどな」
チェ「勉強にワクワクとかあんの?」
(勉強に対して失礼だろ)
じゅ「ワクワクは、
 誰かに教えてもらうものじゃなく、
 空想を膨らませて
 自分で創り出すものやで」
チェ「だって勉強にワクワクしてる人なんか
 あんまりおらんくない?」
じゅ「現実ばっかり見てしまうのが問題やね。
 …お前に足りないのはロマンだ!」
(伝わるか)
「大事だから、必要だから」って理由だけでは、
人はなかなか行動に移せない。
それができたらどんなに楽しいか、
それができたらどんなに安心か、
「感情を伴う空想」が僕たちには必要だ。
(とはいえ、不安をあおって行動させるのは、
 結果と引き換えに自信を失うから勧めない…)
「英語が話せたらモテるかも」
「進学すれば仲間に出会えるかも」
「これを乗り越えたら成長できるかも」
…必ずしもそれは真実じゃない。
でも、楽しい空想を広げることで、
現実の行動が変えられるなら、
それは価値ある空想じゃないだろうか。
理想を描けば、現実が変わる。
僕たちには現実を変える力がある。
頭を使って空想を広げ、
目の前の困難を乗り越えていこう。
今日も1日楽しんで☆
じゅくちょう
追伸:お風呂難民を救ってヒーローになろう!
(どんな空想だ)
______________________
発行責任者: 福田幸志郎(株式会社福幸塾)
発行者住所:〒621-0811 京都府亀岡市北古世町2丁目11-10
連絡先: http://www.fukojuku.com
メールアドレス: fukojuku@me.com
______________________
(メルマガ登録はこちら)
・アドレス変更やお知り合いへのご紹介にお使いください
・空メールをお送りいただくだけで登録が完了します
(メルマガ解除はこちら)
・空メールをお送りいただくだけで解除が完了します
【福幸塾からのお知らせ一覧】
 (10代向け、自立のための考え方や知恵を伝授)
 (福幸塾のリアルタイム情報や授業の様子を公開)
 (じゅくちょうの独り言)