10代の親御さんから見た福幸塾

Q:福幸塾にはどんな子どもが来ますか?

 

A:不登校の子どもから成績優秀者まで、幅広い10代が集まっています。

 

 

大きな特徴としては、

 

自分の気持ちに素直でいたい子どもや、

 

学校や世間に対して、疑問や不満を感じている子ども

 

そして何より、

 

子どものことを本当に心から応援したい親御さんが、

 

よく福幸塾を頼ってくれているようです。

 

 

「勉強を教えない塾」だけあって、

 

最初は不安や疑問を感じる親御さんも少なくありません。

 

 

どんなきっかけがあって福幸塾と出会い、

 

どんな効果を感じているのか、

親御さんの率直な意見を伺いました。

 

 

【子どもが福幸塾に入ったきっかけは?】

 

【親から見た、福幸塾の良さや効果は?】

 

【福幸塾は子どもにとってどんな場所?】

 

【福幸塾は、特にどんな人にオススメ?】


S・Cさん(塾生保護者:中高生男子)

 

【子どもが塾に入ったきっかけは?】

 地域のボランティア活動をしていて、福幸塾とつながる機会があり、

 興味を持ったのではないかと思います。

 

【親から見た、塾の良さや効果は?】

 自分自身で考えるようになり、自信を持って行動するようになりました。

 頭が柔らかくなり、何かあった時にいろんな角度からものごとを考える事が

 できるようになったと思います。

 

【福幸塾は子どもにとってどんな場所?】

 子ども自身が、素直になれる場所だと思います。

 何でも親に話す年齢ではありませんが、

 ストレスを溜めずに塾でうまく発散してると思っています。

 

【どんな人にオススメ?】

 周りに流されてしまいがちな人や、

 自信がなくてネガティブになりがちな人にオススメです。

 

 大事なことに意識を向けて、前向きにがんばろうという気になれると思います。

 

 

 

S・Mさん(塾生保護者:中学生女子)

 

【お子さんが福幸塾に通い始めたきっかけは?】

 中学2年生の冬、学校の友達関係がきっかけで不登校になり、

 知人の紹介でじゅくちょうのカウンセリングを受けました。

 その後も娘の気持ちの状態は悪化し続け、

 心療内科や学校のカウンセラーのカウンセリングも受けましたが改善しませんでした。

 

 でも、半年間じゅくちょうのメルマガを読み、

 福幸塾の活動をフェイスブックで見ながら、

 やっぱり福幸塾が娘に一番合っている気がしたので、

 娘に体験に行こうと声をかけました。

 そして、体験に行った日に娘の入塾したい意思を感じました。

 

 1か月の体験を経て、意思を確実にして入塾しました。

 

 

【どんな良さや効果を実感していますか?】

 ・自分で考えて行動することが少しずつ増え、

  自分のことを客観的に話せるようになってきました。

 ・新しい目標(夢)ができました。

  目標に向かえるように、勉強もがんばり始めました。

 

【お子さんにとって、福幸塾はどんな場所ですか?】

 信頼できる人がたくさん集まっていて、

 今まで誰も教えてくれなかった「そうだったのか!」をいっぱい教えてくれる場所。

 

【どんな人にオススメですか?】

 娘と同じ、不登校の子どもたちにオススメしたいです。

 

 

A・Rさん(小学生女子・中学生男子)

 

【お子さんが福幸塾に通い始めたきっかけは?】

 中学生の子どもは、小学校の頃から学校に行きづらかったため、

 母親としていろいろと情報収集していました。

 福幸塾を最初に知ったのは新聞の記事で、

 それからしばらく経ってじゅくちょうのメールマガジンの存在を知りました。

 最初はメルマガを読むだけでした。

 

 子どもが中学に入学した頃、

 思春期の子どもに母親が一人で関わることに限界を感じてきました。

 そこで本人に福幸塾の体験授業をすすめたところ、

 じゅくちょうと塾の雰囲気が気に入り、すぐに子ども自身が 入塾を決めました。

 

 下の子どもにも、じゅくちょうの考え方と塾の雰囲気が合うと思い 、

 追って下の子も体験後に入塾しました。

 

 

 

【どんな良さや効果を実感していますか?】

 

(上の子)

 自分自身について考える機会が持てて、自分の行動を振り返れるようになりました。

 苦手だった「見通しを持った計画」の立て方や

 「スケジュール管理」のしかたを教わり、実践中です。

 コミュニケーション能力にも磨きがかかってきたように思います。 

 

(下の子)

 入塾前よりよく喋るようになり、ありのままの自分を出せてきています。

 また、母親が口を出しすぎることがやわらいで、子どもたちが 気楽になってきているようです。

 親としても、気持ちのゆとりが持てるようになりました。 

 

 兄妹で通うことにより、家族で福幸塾の話ができるのも、共通の話題になって楽しいです。

 

 

【お子さんにとって、福幸塾はどんな場所ですか?】

 ・家族以外で、真剣に自分のことを考えてもらえる大人や、同世代の仲間がいるところ。

 ・ジャンルを問わず、自由な発想で話が出来るところ。

 ・自宅以外の、自分の居場所。

 ・人との関わりを学んで、コミュニケーション力をつけるところ。

 ・子どもの良いところを引き出して、可能性を広げてくれるところ。

 

【どんな人にオススメですか?】

 ・小学校高学年、思春期の子どもたち。親との関わりを面倒に感じ始める年代。

 ・子どもとの関わり方に悩み始めた親と、その子ども。

 ・コミュニケーションが苦手な人。

 ・ありのままの自分が出せていない人。

 ・学校が合わない、学校に行きにくい人。

 

 ・自分自身についてもっと良く知りたい人。

 

 

 

T・Mさん(塾生保護者:中学生女子)

 

【お子さんが福幸塾に通い始めたきっかけは?】

 ・成績が下がり、中学校生活にちょっと行き詰まった感じがしたので。

 

【どんな良さや効果を実感していますか?】

 ・自分の頭で色んな可能性を考え、行動するようになった気がする。

 ・目的、目標を掲げて頑張るようになった。

 ・計画的に動くようになった。

  

 具体的には、

 ・毎日のお弁当づくり(両親と自分の3人分)をかかさずやることが大きな自信になっている。

 ・自分で計画して行った神戸・大阪旅行では、

  予定通りにいかなかった部分も含めていい勉強になった。

 ・漢字検定に自ら挑戦。

 ・なんだかんだ言いながらも学校の行事にも積極的に参加。楽しんでいる様子。

 ・国語と社会の成績がUP。

 

【お子さんにとって、福幸塾はどんな場所ですか?】

 ・親や学校の先生以外の大人がいる場所。

 ・親や学校の先生に相談できないことができる場所。

 

【どんな人にオススメですか?】

 ・何をやりたいか?目的や目標が見つからずモヤモヤしている人

 ・学習塾に通わせても恐らく効果がないであろうことが気付いている人

  (先に目標を見つける方が結局近道)

 ・これからの時代、学校の勉強も大切だけど、

  それ以上に求められるものがあるのではないか?と思っている人