振り返りが役立つ場面集1「先のことを考える」

 

こんにちは!じゅくちょうだ!

 

12月は「振り返り」について詳しく取り上げてきた。

 

意外と見落とされがちな、

 

でも人生においてすごく重要な意味を持つ「振り返り」…

 

 

今回は具体的にどんな場面で振り返りをすればいいのかを

 

シーン別に取り上げていこうと思う。

 

今日のテーマは「先のことを考える時」について…

 

 

1.夢や目標を探す時

 

未来に向かって進もうとする時にこそ、

 

過去を置き去りにしてはいけない。

 

振り返りをして自分のことが見えてくるからこそ、

 

「次なる夢」は見つかる。

 

 

2.計画を立てる時

 

やらなきゃいけないことがあるからといって、

 

自分のペースや目的も整理せずに計画を立てても、

 

途中で挫折することの方が多いはずだ。

 

まずは「今の自分」を冷静に見つけて、

 

自分に合った計画を立てよう。

 

 

3.イベントを企画する時

 

思いつくままにアイデアを出すことや、

 

今までのアイデアを繰り返すことも大切だけど、

 

発想の広がりに欠けると企画や継続は難しくなる。

 

過去の成功体験や失敗体験、教訓や感動、

 

いろんなものを積み重ねた上で考える方が、

 

よりチャレンジングな企画ができるようになる。

 

 

4.記録や限界を超える時

 

限界を超えるには常に「積み重ね」が欠かせない。

 

自分の中にあるもの、積み重ねてきたもの、

 

ベストパフォーマンスができた時のこと…

 

「ベストな自分」をまず描いて、

 

それを乗り越えようとすることで、

 

挑戦は新たなステージへと向かっていく。

 

 

先のことを考えるばかりがすべてじゃない。

 

先のことを考えるからこそ、

 

今までの自分の中にあるものをきちんと見つめよう。

 

 

あなたのこれからを応援している。

 

じゅくちょう