振り返りのコツ1「良いこと探し」

 

「振り返りをしよう」っていうと、


「反省」をイメージする人が多い。



できなかったところを見つけて、


できるように直していく…



昔からそう教え込まれてきたからか、


多くの人がそれを「正しい方法」と思っている。



でも、そのやり方だと、


「できてない自分」と向き合わなきゃいけないから、


かなり勇気がいるし、苦痛が伴う。



結果、ほとんどの人が「振り返り」をしない。



「悪いところを探す」という前提が間違っているだけで、


自分が弱いわけでも悪いわけでもないのに、


振り返って自分と向き合うことは敬遠されやすい。



「悪いところを見つけて直す」のは、


好きな分野、極めたい分野だけでいい。


(プロ野球のイチロー選手は、


 サッカーのできてないところは気にしないけど、


 バッティングのできてないところは異常に気にする)



日々の生活の基本的な振り返りは、


「良いところを探す」というのがポイントだ。



良いところを探して、それを積み重ねていけば、


自信もつくし、いろいろチャレンジしたくなってくる。



小さい頃を思い出してみてほしい…


自転車に乗ることも、泳ぎを覚えることも、


かけ算の九九や英文法を覚えることも、


「良いところ」の積み重ねで身につけてきたはずだ。



大人になるに従ってダメなところを


見なきゃいけなくなるなんてことはない。



良いことを探して、人生を積み重ねよう。


じゅくちょう