振り返りの効果2「目標を見つける」

 

こんにちは、じゅくちょうだ!

 

今日は「夢や目標がなかなか見つからない」

 

って人に、良い知らせがある。


 

今日の記事は、多分福幸塾の授業の中でも

 

かなり根幹の部分になるはずだから、

 

じっくり読んでみてほしいし、

 

家族や友達とも共有してみてほしい。

 

 

振り返りの効果2つめ…「目標を見つける」

 

 

「夢や目標」は、

 

見つけようとして見つかるものじゃない。

 

 

なぜなら、

 

未来は何もないところからは描けないからだ。

 

 

小さい子どもは、夢や目標を見つける天才だ。

 

絵本を読んだり、アニメを見たり、

 

身近にかっこいい人を見つけたりしては、

 

憧れを抱いて夢を見つける。

 

 

でもそれは、(文章を読んでわかるとおり)

 

何もないところから未来を描いているわけじゃない。

 

子ども自身が自分で見たり聞いたりしたものをもとに

 

未来を空想しているだけのことだ。

 

 

裏を返せば、たとえ小さな子どもでも

 

「見たり聞いたりしたもの」がなければ、

 

未来を描いたり夢や目標を見つけたりすることはできない。

 

 

「未来は、何もないところからは描けない」のだ。

 

 

だから、未来を描いて夢や目標を見つけるためには、

 

必ず「見たり聞いたりしたもの」…つまり、

 

「過去」を考えることが必要になってくる。

 

 

自分が見ておもしろかったもの、

 

聞いて嬉しかったもの、

 

体験して感動したもの、

 

 

いろんな「過去」があるから、

 

それを土台として夢や目標を考えるようになる。

 

 

「振り返り」を甘くみてはいけない。

 

「振り返り」は、未来をつくる貴重な資源だ。

 

 

今すぐ「振り返り」を始めよう。

 

未来のあなたの人生をつくるヒントは、

 

すべて過去にある。

 

じゅくちょう

 

 

追伸

 

「振り返りをしても、今の自分の生活には何もない」って人は、

 

騙されたと思って一度じゅくちょうのセッションを受けてみてほしい。

 

どんな退屈そうな日常からでも、

 

夢や目標を見つけることができるようになるから。

 

(一応、問い合わせフォームを貼っておくから、

 

 気になったら気軽にメールしてね)

 

メモ: * は入力必須項目です