習慣の考え方6「流れを読む」


こんにちは、じゅくちょうだ!


「習慣の考え方」シリーズも今日が最後…


良い勉強になった?



基本となる考え方が身につけば、


行動に移すことが少しカンタンになる。


ちょっとずつ練習して、


自然と習慣が身につくようにしていこう。



今日は、「流れ」や「プロセス」について…


「習慣を身につける」っていうのは、

 

連続的なもの、ずっと続いていくものだ。

 

 

一時的なイベントで何かができても、

 

それは「習慣」とは言えない。

 

 

勉強をする、運動をする、ダイエットをする…

 

どんな習慣を身につけようとする時でも、

 

基本的に多くの人は「ワンシーン」しか見ない。

 

 

ちょっと勉強した自分、

 

ちょっと運動した自分、

 

ちょっとダイエットしてる自分、

 

そして、結果が出た自分…

 

 

「それがずっと続く」というイメージをもって

 

行動に移す人は少ない。

 

 

ずっと勉強するとしたら?

 

ずっと運動するとしたら?

 

ずっとダイエットするとしたら?

 

 

気分の浮き沈みや、日々の生活の「流れ」を

 

イメージして考えるだけで、

 

習慣に対する捉え方や取り組み方は変わってくる。

 


「ずっとできるイメージ」が描けてこそ、

 

習慣はカタチになる。

 

 

「ワンシーン」ではなく、「流れ」を見て、

 

習慣づくりを進めていこう。

 

じゅくちょう