計画には2つのタイプがある


1つは、

 

テストや受験、旅行の計画など、

 

「期限がある短期型計画」



 ・期限と分量を決めて、


  やるべきことを期間内にすべてやる


 ・短期間で結果を出すために活用する


 ・イベントやプロジェクトを企画するイメージ


 ・勉強でたとえるなら、試験前の勉強

 


もう一つは、


キャリアや人生の設計、起業など、

 

「期限がない習慣型計画」

 

 

 ・期限や分量を自分なりに設定して(仮説を立てて)、


  行動を振り返りながら継続的に習慣を身につけていく(検証する)


 ・長期間で大きな成果をあげるために活用する


 ・行動や計画を「習慣化」していくイメージ


 ・勉強でたとえるなら、日々の勉強や読書



学校の勉強や与えられた仕事がうまくこなせても、


将来のことや人生のこととなると全然わからなくなるのは、


そもそも「計画の種類」がまったく違うから。



「短期集中」のプロジェクト化計画は、


答えやゴールが見えているし、


がんばればすぐ結果が出るから、


集中しやすいし、やる気になれる。



「長期熟成」の習慣化計画は、


答えやゴールがわからないし、


がんばっても結果が出る保証がないから、


力の入れ方がわからないし、習慣にする手間がかかる。



どっちが大事かっていうのはもちろん場面で異なるけど、


先々のことを考えて習慣型計画を身につけておけば、


目先の期限に追われることはなくなる。



「期限や答えがない計画」にきちんと慣れて、


短期型の計画もしっかり結果を出せるようにしよう!