170.友達は大事?

ごきげんよう、じゅくちょうだ!

今日は寝坊したのかって?

いや、ちゃんと5時に起きた。

…ただ、もう一度寝ただけだ。


早朝を逃すと、

仕事が一段落してから

メルマガを書くことになる。

だからこの時間に届くことになる…

あれ?俺、何か弁解してる?

いや、ほんとに今まで寝てたわけじゃないし!

(じゃあこれ以上喋るな)


昨日はある塾生と

「友達関係」について話をする

時間があったのだけど、

中高生の頃の友達関係って、

はっきり言っていろいろややこしい。


グループの付き合いがあったり、

独特のルールがあったり、

恋愛が絡んできたり、

はっきり言っていろいろややこしい。

(…だから、おもしろい♩)


昨日はちょっと意地悪な質問をしてみた。

「本当の友達って、どんなの?」


・何でも話せる

・離れていても仲良し

・いつでも味方でいてくれる


この辺は、誰もが共感するはずだ。

でも、誰もがそんな友達関係を望んでいながら、

そういう関係を築くのは

大人でも簡単じゃないように思える。


実際にそういう関係を築けているかといえば、

そういう関係にない人とばかり

関わっていることも少なくない。


「なぜその人たちと仲良くなろうとするの?」

(…これもまた意地悪な質問じゃないか。)


・みんなでいると楽しい

・いろんな人と仲良くなりたい

・周りに嫌われたくない


…一見、これも誰もが考えることだろう。

でも、多分問題はここにある。


「みんなでいないと楽しくないのか?」

「なぜいろんな人と仲良くなりたいのか?」

「なぜ嫌われるとマズいのか?」


…裏を返せば、

「一人になるのが怖い」って本心が見えてくる。

(孤独は確かに本能的な恐怖だから、

怖いのは仕方がない)


でも、仮にそういう人と仲良くなったとして、

「仲間はずれにされる恐怖」は

果たして拭えるだろうか?

仲良くなればなるほど、

一人になるのが怖くなって、

余計にその輪から抜け出せなくなるんじゃないだろうか。


本当に理想的な友達関係を築くには、

周りに依存したり、運に任せたりせず、

まず「一人でいても大丈夫な自分」を

きちんと確立する必要がある。


最初は孤独に感じられるかもしれないけど、

実は自分を貫き続ける方が、

それが魅力になって、

結局あとから自分の望んだ通りの

友達ができるようになってくる。


クラスや職場が一緒でも、

仲良くなろうとする理由が

「孤独から逃げるため」や

「人に嫌われないため」という

マイナスな動機だったら、

多分その友達関係はどこまでいっても

マイナスなんじゃないだろうか。


理想的な友達と出会いたかったら、

不安や恐怖に屈して周りに合わせるんじゃなく、

何よりもまず自分を確立しよう。


あなたがあなたらしさを偽るほど、

あなたの弱い心を利用する人が寄ってくる。

あなたがあなたらしさを貫くほど、

本当のあなたを理解できる人が寄ってくる。

あなたはどっちと友達になりたい?

出会いは偶然なんかじゃない。

あなたが選ぶんだ。


しっかりと自分らしく生きよう。

理想的な友達に出会うために。

じゅくちょう