167.タイトルなし

おはよう!じゅくちょうだ!

昨日は1週間の疲れが溜まったのか、

早起きができなかったので、

今日からまた早起き生活に再チャレンジだ。

習慣を身につけるには、

21日「連続」で取り組む必要があるらしい。


…ということは、週末は気分次第で

書いたり書かなかったりしてるこのメルマガは、

「習慣」になってるとはいえないのか?


(ちなみにこの前の土曜日は、

40分ほど書いてみたところで、

おもしろくなさそうだから消した。

Facebookには書いたんだけど、

時間をかけて書いたメルマガほど

読みにくくておもしろくない…

たくさんコメントをくれるメルマガは、

大抵20分以内に書けたものが多い。)


何事も「シンプル」が大切ってことだ。

この週末は、

福幸塾のスタッフ研修をしたり、

塾生の家でファイヤーショーをしたり、

親御さんの勤め先でバーベキューをしたり、

あるいは街中でご家族に偶然会ったり、

塾生や親御さんと関わることが多かった。

(週末もだいたい平日と大差ない)


ついでに塾生の近況を聞いたり、

親御さん自身の話を伺ったりするのだけど、

元気はつらつとしてる人と

悩んでなかなか前に進めない人との違い、

何だと思う?


うちに塾に来ているからには、

間違いなく「人間性」は問題ないし、

「性格」も「見た目」も大丈夫だ。(おい)


集中力も自信も行動力も計画力も、

「あるもの」が欠けていると

うまく発揮できなくなる。


それは何か…

ちょっと今日のメルマガのタイトルを見てほしい。

「タイトルなし」だ。

今日だけなら「何か狙いがあるのかな」って

思ってもらえるかもしれないけど、

これを毎日続けたらどうなると思う?


「どんな内容になるのかな」って推測が

全然できなくなるんじゃないか?

(普段から、展開めちゃくちゃだけどな)


そう、生活や人生を楽しめている人は

「タイトル」(目指す先)が決まっている。


「子どもは一人の他人」

「自分で責任を負わせる」

「人と違うことをする」

「とにかく楽しい方向へ」


…何か一つでいいから、

「タイトル」が決まると、

それをもとに行動が生まれてくる。

結果、生活もすごくシンプルになる。


福幸塾の授業タイトルは、

「子どもが自分で勉強できるようになる」だ。

(ここでいう「勉強」と

「お勉強」はまったく別物)


ちなみに(ほとんど公表してなかったのだけど)、

福幸塾の事業全体の「理念」は

・自分らしい生き方(←スタッフのみんな、訂正しといて)

・自由の獲得

・教育と社会をつなぐ

…だ。


生活も人生も、

「タイトル」さえ決まっていれば、

どんなトラブルや困難があっても

何をすればいいかが見えてくる。


勉強や仕事や家事が忙しくても、

枝葉の問題にとらわれるんじゃなく、

根っこにある大切なもの、つまり

「タイトル」を常に意識しておこう。

(何のための勉強か、何のために生活か…)


あなたの人生が映画になるとしたら、

その題名は何だろう?

(そういえば、誰か

『風立ちぬ』を見に行かないか?)


今日・今週を過ごす「タイトル」は?

では、今日も一日楽しんで☆

じゅくちょう