124.どこから何を取り入れるか

おはよう!じゅくちょうだ!

まるで遠足に行く日の子ども…

なんて早起きなんだzzZ☆

緊張するけど、みんなそろそろ

テレビをつけて待機する時間だ。

(今日の新聞のテレビ欄を見てもいい)

 

※2013年5月の記事


今週は体調回復に努めていたからか、

あっという間の週末だった気がする。

(大人の講座もあったため、

一日の大半が授業だったことも大きい)


来週から6月、ある占星術によれば、

今年の6月は大きな時代の転換点らしい。

(2010〜15年のちょうど真ん中で、

「IT産業」中心だったものが

「絆産業」中心にシフトしていくとか…)


おっと、占星術なんてとバカにするのは早い。

占星術はれっきとした「学問」だ。

本来は、今日のラッキーアイテムとか

個人の人生とか細々したものを扱うのではなく、

時代や価値観の変化を読み取る「情報」として

古くから用いられてきた学問だ。

月や星の動きを正確に読み取ってきた科学…

何か秘密が隠れていても変じゃないだろう。


少なくとも…おい、

今は「目覚ましテレビ」を見る時間だ。

(そして「とくダネ!」、「よ〜いドン!」…

ってテレビ局の回し者かっ!)


さて、僕たちは、

「どこに『情報源』を持っているか」が大事だ。

テレビや新聞で見聞きした情報を

あっさり真実だと思い込む人は多い。

(ただし、今日の朝9時50分からは、

関西テレビで世界最先端の真実が流れる。)


これが中高生だったら、

インターネットの世界にある

(冷静に見れば)あほみたいな情報に

いとも簡単に踊らされる。

(そして、踊らされていることに

 気付いていないからタチが悪い)


塾生を見ていて、

成績や生活が良くなっていくのは、

良い情報と悪い情報を区別できる塾生だ。

逆に伸びないのは、

自分に都合が良いか悪いかで情報を選ぶ。


良い情報とは何か…

真実を伝え、勇気や覚悟を与え、

自分を成長させてくれるもの…といったところか。

では、悪い情報とは何か…

不確かな情報を伝え、不安や恐怖を与え、

自分の成長を邪魔するもの…といったところか。


情報は、選ぶ必要がある。

生活がうまくいっていないからといって、

テレビを見て同じ人とばかりいて

同じ生活を繰り返したって、何も変わらない。


新しく、人や本と出会っていこう。

良い情報を取り入れていけば、

生活はきっとよくなる。

何か一つ、強力な情報源を得て、

その情報を活かした生活をしよう。

(当然、僕も海外のビジネス書の情報や、

日本の最先端を行く方々からの情報を

大切にしている…

メルマガが毎日書けるのはそのおかげだ)


あなたを前向きな気持ちにさせてくれる情報は?

あなたをより成長させてくれる情報は?

あなたが困難から抜け出すための情報は?

なければ、今から探そうじゃないか。

では、素敵な週末を☆

じゅくちょう