113.いつチャンスが来てもいいように

おはよう!じゅくちょうだ!

今日は朝からメルマガ読者にだけ


ビッグなニュースをお知らせしよう◎


一応のめどが立つまで伏せていたのだけど…



福幸塾が、関西テレビに出ます☆(※2013年5月の記事)

(もうね、ここ数日、

言いたくて仕方がなかった。笑)


朝9:50〜11:15に放送してる

「よ〜いドン!」という番組の、

「隣の人間国宝さん」というコーナーだ。

放送予定日は5月の30日か31日…


このメルマガの読者が全員視聴してくれれば、

瞬間最高視聴率は

きっと30%を超えるに違いない。。。笑


え、いつ撮影に来たのかって?

…福幸塾は神出鬼没なのだ◎

(知ってる人は知っている…)


どんな様子で放送されるのか、

楽しみにしていようじゃないか…


…って、そういえば

我が家にはテレビが置いてない!!笑

(誰か、当日は一緒に見させて下さい…)


さて、今回の件について、

実は不思議に思うことがたくさんある。


テレビに出ることを

目標にしたことはなかったけど、

それが自然なこととして受け入れられたことだ。

どこかで、「いつテレビに出てもいいように」と

準備をしてきていたような感覚さえある。


普段、いろんな人と関わることも、

パフォーマンス出演をすることも、

そのこと自体が目的ではあるけど、

僕の中には

「来るべきもっと大きなチャンスへの備え」

という感覚もあった。


僕は、福幸塾も一亀一遊も、

いずれもっと有名な存在になると信じている。

そのためには、

目の前の一つ一つのことを

丁寧にこなしていくのが大切だと思っている。


だから、今回のようなチャンスがやってきても、

自然なこととして受け入れられたのではないだろうか。

自分の普段の行動と、

将来の理想が結びついている感覚というか…

「準備をしたから、実現した」という感じだ。


普段、準備も努力も何もしていないのに、

夢や理想だけ語っていても

何にもならない。


運がいいとか悪いとか、

才能があるとかないとか、

環境や時代がいいとか悪いとか、

多分そんなことはまったく関係ない。


準備して、目の前のことをコツコツと…

そこにある時、

チャンスは突然やってくるんじゃないだろうか。

それは多分、「偶然」ではなく「必然」…

チャンスは、

準備ができたところにだけ

やってくるんじゃないだろうか。


プロのサッカー選手になるのも、

ミュージシャンになるのも、

起業家になるのも、

日々の生活にこそチャンスは隠れている。


いつでも準備していよう。

夢が突然叶ってもいいように。


ではまた来週☆

じゅくちょう