110.アドリブに強くなるには

おはよう!じゅくちょうだぁぁぁぁぁ!(XJAPAN風に…笑)


最近、「突然」の出来事が多い。

初めてお会いした数名の方から

「メルマガ、いつも楽しませてもらってます」

って言われたり、

昨日は急に授業見学に2組も訪ねてこられたり、

うかうかあくびもしてられない。


僕たちは、「不意打ち」に弱い。

予定していたことが狂うこと、

知らないところで事態が進んでいること、

思わぬ人からの告白…

(…おっと、この発言自体が不意打ちだったりする。笑)


不意打ちには、「言い訳」がつきまとう。

想定外のことが起きたから、

他人はコントロールできないから、

知らなかったから、

だから、できなくても仕方がない。

…誰も「自分の責任」とは思いたくない。


でも、実は「不測の事態」にまで

自分の責任を負ってしまう方が、

逆にストレスに悩まされずに済む。

自分の責任と思えば、

できることがないか考える。

自分の責任を放棄すれば、

何もする気が起きなくなる。


言い訳してたいだけか、状況を良くしたいか…

それは責任を負うか負わないかの違い。


不意打ちを食らうことが問題じゃない。

(人生から不意打ちは絶対になくならない)

そこに至るまでを

どれだけ考えて行動してきたか…

不意打ちを食らっても

どう考えて切り抜けていくか…


つまるところ、

日々そういう頭で過ごす必要がある。

何が起きても大丈夫なように、

一日一日の生活ができているだろうか?

そして、それができているか、

できていなければどうすればできるか、

考えるための時間は持てているだろうか?


一見厳しそうに見えて、

実は責任を負うとびっくりするくらい

思考力や行動力が生まれる。

言い訳が減る。

そして、日々がものすごく楽しくなる。

(ただし、責任には「背負い方」がある。

その辺は…塾生・受講生だけの秘密にしておこう。笑)


今日も、不測の事態は起きるかもしれない。

いや、必ず起きる。

その時、あなたはどう行動する?


もし何かあって、

あなたの「アドリブ力」が問われた場面があったら、

ぜひ夜にでも教えてほしい。

じゅくちょう