95.千里の道も、一歩から

おはよう!じゅくちょうである。



(最近偉そうだけど、



メルマガ読者には両親や



かつての職場の恩師などもいる…



こんなんですみませんね。←反省の色なし)





昨日は弟が泊まりに来ていて、



授業を見学し、酒を酌み交わし、



あれこれ語っていた。



弟は昨年度まで、天理高校の寮で



高校生の世話役をしていたこともあり、



会話の大半は「思春期」について…



もはや職業病でしかない。笑





自分の思春期に良かったことは何か、



最近の中高生に必要なことは何か、



いろんな人に応用できる「エッセンス」を



抜き出そうとあれこれ語る…



昨日は、「思春期の頃にいかに『感動』を覚えるかが大事」



という話で盛り上がっていた。



(メルマガを読んでいる両親のために伝えておくと、



僕らはどうやら素敵な思春期を過ごしていたようだ。



ありがとう。)





そんな弟は、ただうちへ遊びに来たのではない。



これから東北へ向かうらしい。



しかも、自転車で。



亀岡はどう考えても寄り道…



(老ノ坂峠でバテなければいいが。)





旅にせよ、仕事にせよ、将来の夢にせよ、



長く時間のかかるものは、



「結果」は見えやすいものだが、



「過程」はほとんど見えない。





壮大なものほど、



頭の中では想像で達成感いっぱいになるものの、



実際実行に移すとなると何もできないことが多い。



それでも、「はじめの一歩」がなければ



何も始まらない。





見えなくても、まずは一歩を踏み出そう。



一歩を踏み出せば、ヒントが見つかる。



見つかれば、また次の一歩が踏み出せる。



勉強のしかた、将来の夢、



自分らしい生き方や働き方…



小さな一歩一歩が人生を創る。





毎日の生活は、



同じことの繰り返しなんかじゃない。



確実に「どこか」に向かっている。



あなたはどこへ向かっているだろうか?



せっかくなら、良い方向へ向かおう。



Have a nice day!!



じゅくちょう