92.思考と天啓のバランス

新年度・新学期が始まって一週間、



ある塾生が学校で少し人気だという噂を聞いて、



なぜか自分がニヤニヤしてしまう週末…笑



あなたの週末はどうだった?





塾長は、土日はあまり頭を使わないようにしている。



なるべくたくさん学び、



なるべくたくさん事業を発展させたいと思うと、



どうしても頭を使おうとしてしまう。





でもそこをあえて離れ、



遊んだりボーッとしたりすることで、



かえって思考が研ぎすまされていく…



素晴らしいひらめきが生まれるのは、



だいたいそういう時が多い。





じっくりよく考える時間と、



考えずに感性に身を任せる時間、



多分どちらもあってどちらもうまく機能する。





時間が惜しいと仕事や勉強の時間ばかりになる。



したいことがないとダラダラした時間ばかりになる。



どちらが欠けてもうまくいかない。





そういえば塾生も、



勉強の計画だけを立ててる塾生は



つまづくことが多い。



急に伸びたり考えが深まったりする塾生は、



「遊びの計画」を立てるのがうまい。





勉強の計画は、



期間と量が決まっているから、



実はすごく立てやすい。



でも、遊びの計画となると、



何もかも自分で決めるから、



結構いろんな迷いが生じる。



(仕事の計画は、基本的に後者だよね)





「なにごともバランス」とは言うものの、



焦りや不安がある時は



こういうことは簡単ではない。





勇気を持って、



「せなあかんこと」から



離れる時間をつくってみよう。



その方が、結果的に「せなあかんこと」も



うまくいくことが多い。





がんばっているからこそ、



離れたところでひらめきが生まれる…



理屈はないけど、多分そんな感じじゃないかな。





今週も楽しんでいこう◎



じゅくちょう