83.人は変わることができる

昨日は新年度最初の授業…



気持ちを新たに、



福幸塾も次なる取り組みを進めています。





(うちは勉強を教えない塾ですが、



塾長の物好きも混じって、



4月から英語の「音読指導」を始めてみます。



高校卒業までに、流暢な英語と、



コミュニケーションの度胸を身につける…



しかも、タダで。



他の塾にケンカ売ります!笑)





卒業した塾生には悪いですが(笑)、



どんどん成長していくのが福幸塾…



成長とは、いろんな「変化」の先にあるものです。





ある塾生は、



この春福幸塾を卒業する予定でした。



「高校まで行けば、あとは自分の責任」



という親の考えがあったからです。



絶対に大学へとも思っていなければ、



確かに高校で塾に通う必要性はあまりありません。



その塾生も、当初は塾を続けることは諦めていました。



ただ楽しいだけなら、



塾を続ける意味はありません。





しかし、塾を辞めるところへ来て、



彼は考えました。



何のために福幸塾に通っているのか…



何を学んできたのか…



自分がこれからどう成長したいのか…





結果、彼はあれこれと考え、



塾を続けたいという結論に至りました。



今の自分で成長した気になって、



変なプライドが芽生えて成長が止まるより、



もっと謙虚に学んで成長したいという想いが



強かったようです。





親との話し合いの末、



彼は塾に残りました。



しかし、内面的な気付きを得て、



親を説得した責任もある分、



授業への姿勢にも変化が現れました。





積極的にメモをとり、



質問をして理解を深め、



周りにもどんどんシェアしていく…





自分を次々と変化させていく塾生も、



我が子の本気に応えられる親も、



本当に素敵な成長ですよね☆





親のせいにして諦めることもできた、



親の主張を押し通すこともできた、



その中で、この親子が大切にしたものは何か…



ここに成長への良いヒントがありそうです。





自分が望む方向へ、



どんどん理想を描き、



変化していきましょう。



いくつになっても、



人は変われる。





今日も一日、楽しんで!



じゅくちょう