67.興味はどこからやってくる?

先日、昔の教え子から



『NARUTO』を大量に譲り受けました。



NARUTOは、主人公の落ちこぼれ忍者が



鍛錬と友情によって自分を確立し、



一流の忍者となっていくサクセスストーリーです。



「自分と向き合う」というテーマでは、



かなり深いところまで突っ込んだ作品で、



僕の大好きなストーリーであり、



今や某週刊誌の二大人気作品の1つ…



(もう一つは言うまでもなく、のびのびしたアイツです☆



ちなみに、僕が小学生の頃のジャンプの二大人気マンガといえば、



髪の赤いアイツと、髪が黄色くなるアイツです。笑)





先週NARUTOがうちにやってきてから、僕は4日で55冊



全部を読破してしまったのですが、(そんな時間、どこにある)



塾生たちに知らせてもあまり反応がよくない…



それよりも、某のびのび系マンガの最新刊が大人気…





どちらも大人気のマンガながら、



知ってるものと知らないものでは、



こんなにも反応が違うものかと驚きます。



ま、一度読み始めたら間違いなくノンストップですけどね。



(はい、僕のことです…)





興味って、どこから始まるんでしょう?



某のびのび系マンガを読み始めた塾生たちは、



人の話も聞かず頭の中がのびのびしてます。



でも、これにも「始まり」があるわけです。





人がどうやって興味を持ち始め、



どうやって熱中していくのか、そして



どうすれば熱中をコントロールできるのか…



その謎を解明すべく、僕はNARUTOを読みふけりました。



(決して、流されたんじゃないですよ。)





「興味の始まり」がわかれば、



勉強や人生にも応用することができるはずです。



「熱中する度合い」をコントロールできれば、



遊びと仕事のバランスがとれるはずです。





僕が考える仮説は、ここではあえて言いません。



ぜひあなた自身の経験で考えてみて下さい。



あなたが「興味をもつきっかけ」が何なのか、



それがわかれば勉強や人生にも応用できるはず☆



いろんなことにチャレンジしてみて下さいね!



日常生活にもいろんなおもしろいものが溢れているのに、



食わず嫌いはもったいない!





僕も、塾生NARUTO化計画を秘密裏に遂行し、



僕をパズドラ漬けにした奴らに仕返ししてやります☆キリッ





では、今週も花粉に負けずに楽しんでいきましょう!



じゅくちょう