26.自分の大きさを感じる

さて、塾長には一つの夢があったのですが、

昨日それを叶えることができました!


どんな夢かと言うと、

「飛行機に乗って、仕事をする」

つまり、上空10000mでパソコンをカタカタするということです。笑

まさにビジネスマン!みたいな気分を味わってきました☆


その時に書いたメルマガを今日はお届けします。

気分が良い状態で書き綴っているので、もうなんか、ノリノリですよ☆笑


26.自分の大きさを感じる

このメルマガは、上空10000mの飛行機の中で書いています。

(お届けするのは、着陸した翌日の夕方になりますが…笑)

夕日に照らされた雲海を見下ろし、

果てしなく続く広々とした青空を見上げながら、

いつも思うことは、

「世界は大きく、自分は小さい」ということです。


僕は、

もしこの飛行機が落ちたり、

ハイジャックされたりしたら、

どうすることもできません。

(この業界でがんばっておられる方々、

 そうならないように日々お勤め頂き、

 本当にありがとうございます。笑)


しかし、もしそんな一大事があったとしても、

世界は回り続けていきます。

自分の身に何が起こるかなんて、

世界のほとんどは関心がないのです。

(だから、僕の身を案じてくれる人がいるということは、

 本当に幸せなことですね。本当にありがとうございます。)


では、世界が大きく、

自分が小さい存在であるなら、

僕が今生きていることも、

大したことではないのでしょうか?


僕はそうは思いません。

小さい存在から大きな存在になるためには、

自分が生まれた意義や

生きていく目的を見つけるためには、

どんな状況であったとしても、

生き続けることが大切です。


生き続けていれば、

あらゆる可能性が生まれます。

人生は、善くも悪くも、

何が起きるかわかりません。

思いもよらないところで命を救われたり、

思いもよろらにところで足下を掬われたりします。


そうして生き続けていった先で、

自分の存在は大きくなっていくのだと思います。


もしかしたら、

僕が世界に対してできることがあるかもしれません。

僕の塾生が世界を変えるかもしれません。

そう考えると、今自分の存在が小さいということを、

悩んだり哀れんだりする必要はなくなります。


そして、「可能性」を信じて毎日をがんばることで、

生活や人生はどんどん楽しいものになっていきます。


人は変わる、人生も変わる、

だから、日々を楽しみましょう。


今回休暇を頂き、

北海道のリゾートで仕事をしてみて、

また新たな自分の可能性を考えることができました。


僕も塾生も、

そしてこれを読んでいるあなたも、

たくさんの可能性を秘めているのに、

それを探しもしないで、

ぼんやり生きているなんて…

世界にとって大きな損失です!笑


テレビやメール、ネットや雑誌、うわさ話…

何をするのもその人の自由ですが、


あなたが動けば、世界は変わる。

いつもの毎日から、世界を変えていきましょう。


平成25年1月10日16時50分

日本の大空から

福幸塾 塾長 福田幸志郎